夏バテによる頭痛がヤバい!頭の痛いズキズキが治らないワケと解消法

頭痛

暑くなるとズキズキして頭痛い…

夏バテの辛い症状の一つに
生活に支障をきたす頭痛があります。

気持ち悪い吐き気もでて
食欲不振になって栄養をとれず
さらに夏バテが悪化していく。

そんな悪循環になって
毎年、苦労をしていました。

 

今回は『夏に続く頭痛の解消』

治らない頭痛の原因と治し方を考えて
少しでも楽しい夏を過ごす工夫をしていきます。

毎年のように夏にバテて頭痛があるなら
私の実践方法を
参考にしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

夏に頭痛が酷くなる時に考えられる原因って?

 

なぜ夏になると頭が痛いのか?

頭痛の原因として考えられるものを
できるだけ挙げてみました。

 

原因は人によって違うので
これは自分で探すしかありません。

あなたの原因はどれだと思いますか?

 

原因① 夏に自律神経が乱れることで頭痛になる

 

夏バテの原因としてクーラー病

室内外の温度差が激しくて
自律神経が乱れてしまうことが挙げられます。

 

中は寒い、外は暑い

この繰り返しで自律神経が乱れ
疲れが溜まりやすくなるんですね。

 

この自律神経というのは乱れると
血管を収縮させることがあるので
頭痛のリスクも高めてしまうんですね。

あなたは夏に
自律神経が乱れることはしていませんか?

【自律神経が乱れる行動】

  • 寝不足、夜更かし
  • 休みの日の寝すぎ
  • 梅雨や台風などの気圧の変化
  • 仕事や人間関係のストレス
  • クーラーの設定温度が低い
  • 室内の寒さ対策をしていない

 

これらが当てはまるなら
あなたの頭痛は自律神経の乱れ
ここから来てる可能性が高いですね。

 

寝不足については熱帯夜で寝れない
…というケースもあるかと思います。

その時の対処法や寝室の環境作りについて
次の機会に詳しく話してるので
夏に寝不足だという場合はこちらを↓

記事:夏バテ&暑くて寝れない時の対処方法

 

②夏に偏食に!食生活の変化をチェックする

 

二つ目は夏バテというよりも
夏に食生活が変わって
頭痛を招くパターンです。

 

典型的なのが二日酔い。

アルコールの摂取で血流が促進したり
利尿作用で脱水気味になって頭が痛む

普段の量だから大丈夫というわけでなく
疲れが残りやすい夏は同じ飲む量でも
体への負担がかかってしまいます。

 

また食べ物でも注意したいのは
チョコレートやチーズですね。

痛みが脈打つような偏頭痛の場合は
チョコチーズヨーグルトを食べると
偏頭痛を誘発する場合があります。

食欲がないからと栄養を取らずに
お菓子やサッパリ系ばかり食べてると
栄養が偏ってしまうので注意しましょう。

 

③ 長引く夏風邪でズキズキしてる?

 

頭痛の可能性としては
夏風邪も考えられます。

夏はお腹のウイルスが多いので
発熱がなく微熱程度で
風邪に感染してる時もある

しかも夏は体力が低下気味なので
なかなか風邪も治りきりません。

 

長引く風邪

これが頭痛と重なっていることもあるので
下痢やだるさなどの症状が
本当に夏バテからきてるのか?

風邪という可能性はないかを
体温の変化やのどの痛みなど
風邪全般の症状からチェックしてみましょう。

 

④ 夏特有の一日の過ごし方も頭痛のタネ

 

暑くなると部屋でじっとして
体を極力動かさないこともあります。

運動をせず、横になってテレビを見る。
そんな同じ姿勢をとり続けることも
頭痛の原因になってしまいます。

 

どういうことかというと
同じ姿勢をとっていると
肩や首、背中の筋肉がほぐれずに固まる…

すると血流が悪くなってしまい
そこから頭痛を誘発してしまうんですね。

 

  • 同じ姿勢が多い
  • 肩がこっている

このような夏の過ごし方をしてると
改善した方がいいかも(;^ω^)

 

【補足】 夏バテではなく熱中症の可能性もあります

 

今回は夏バテと頭痛に関して
お話をしておりのですが
熱中症でも頭痛になることがあるので注意。

熱中症には症状によって重症度があって
Ⅰ度からⅢ度まであるのですが
頭痛はⅡ度に分類されています

 

ただの夏バテだったと思ってたら
実は熱中症だった。

…なんて恐ろしいケースもあるので
頭の片隅に入れておきましょう。

 

※ 熱中症の症状をチェック

Ⅰ度…めまい

Ⅱ度…吐き気、下痢、頭痛、倦怠感、虚脱感、判断力や集中力の低下

Ⅲ度…意識障害やけいれん、手足の運動障害、言動や行動などがおかしい、過呼吸、ショック症状

 

熱中症は放置すると危険なので
夏バテとはレベルが違います。

ちょっとでも『あれっ』と思ったら
病院で医師に診てもらった方が良いですね。

スポンサーリンク

夏バテの頭痛ケア!頭の痛みを原因ごとに解消していく

 

ここまでは夏の頭痛の原因を見てきました。
自律神経、食生活の変化、夏風邪、運動不足etc

そして最悪なケースとして
熱中症の可能性もあるという話でした。

 

原因によって解消法も違ってきます

そこで次は原因の見極め方と
どんな原因からくる頭痛でも効く
頭痛の解消法についてお話ししますね(^^)

 

① プチ日記で自分の頭痛の原因を特定しよう!

 

見分ける時に一番効率が良いのは
スマホのメモ帳に記録する方法です。

記憶はあいまいなので
しっかり記録するのがポイント。

 

細かくする必要はありませんが
一日の簡単な流れを記録して

頭痛が起きた時は
1時間くらい前からの行動をメモする。
これで原因も見つけやすくなりますよ。

私が記録してたのはこんな感じです↓

【8月◯日 水曜日】

  • 睡眠時間:0時から7時まで
  • 朝食なし
  • 8時に出勤、9時に仕事
  • ★仕事中に頭痛
  • 12時に昼食…コンビニ弁当
  • 仕事
  • 20時に帰宅
  • 夕食…豚汁、ビール

仕事中に少し頭痛。
原因の候補…クーラーの温度差かコーヒー、肩のコリ

 

このようなメモを取ってます。

人目に付くのでわかりやすく書きましたが
本当はもっと適当です。

 

食べた物、環境、体の変化
これらを箇条書きで書いてるだけ。

これだけでも頭痛との関連性が見えるので
個人的にはオススメできる方法ですよ。

(私の場合は自律神経が原因と発覚)

 

② 頭痛に効くツボを知って応急処置をする

 

原因を見つけて見直すまでの間に
応急処置として私がやってるのはツボ

一般的な頭痛のツボを一回押して見る。
その中で自分に効果のあるツボを覚えておきます

これで多少は頭痛を抑えることもできますよ(^^)
(症状が酷い時は無理ですが…)

 

私のおすすめは太陽

疲れ目や頭痛に効くと言われてるツボで
人目でも押しやすい場所にあります。

 

場所は目尻と眉尻の間
少し凹んだ箇所。

指で押さえて、ゆっくり回しながら
少しずつ力を強めていきます。

夏バテの頭痛でも疲労や寝不足など
疲れからくる頭痛の時に押しています

 

 

また自律神経の乱れから来る頭痛には
寝る前に百会というツボを刺激。

ツボの場所は頭のてっぺん付近ですね。
両耳と体の中心線の交わる箇所にあり
ここもグリグリと押しています。

熱帯夜での不眠や寝不足
クーラー病などの自律神経の乱れの時
このツボを押すようにしています。

 

このように応急処置としても使えますし
先ほどのメモから頭痛の原因がわかれば
そこからさらに効果的なツボを見つけられます。

覚えておいて損はないので
頭痛のツボは役立ちますよ(^^)

 

もちろん頭痛だけでなく
夏バテに効くツボを押すのもアリ。

夏バテのツボに関しては
下の記事でまとめてるので
こちらもツボ押しの参考にしてください↓

記事:夏バテが辛い時に押したいツボ一覧

 

③ 頭痛の根本的な原因をケアして解消する

 

最後は夏の疲れやすさやだるさ
食欲不振を解消することで回復力を元にもどして
頭痛も消してしまおうという作戦です。

夏バテの解消法については
次の機会で詳しく話すので
そちらも役立ててください↓

記事:夏バテをスッキリ解消する方法

 

 

今回は夏バテによる頭痛の原因と対処法
この2つを見ていきました。

 

  1. 生活をメモして原因を見つけ
    その原因を改善していく。
  2. ツボを押して応急処置をする

この方法で私は無痛とは言いませんが
例年と比べて楽に過ごすことができました。

あなたの役に立てばうれしいです。
一緒に乗り切りましょう(^^)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ