夏バテでご飯を食べれない…『真夏の食べたくない』を乗り切るコツ

夏バテで食欲不振

 

もう何も食べれない(>_<)

 

夏バテで食欲なし

気持ち悪い吐き気があるから
食事も取る気がしない…

ただそうはいっても
何かを食べないといけないし
何か良い方法はないのでしょうか。

 

今回、あなたにお話しするのは
『夏バテの食欲不振を乗り切る方法』

心構えから夏バテの解消法
そして何から食べればいいのかについて
一緒に考えてみませんか?

ガリガリになる前に食欲不振の対策をして
ひどい夏バテを改善していきましょう(^^)

スポンサーリンク

【心構え】夏バテによる食欲不振では無理に食べようとしない

夏バテで食欲がない

まず私が夏バテで食べれない時に
大切にしている心構えから(^^)

それは『無理に食べないこと』です。

 

無理に食べると消化不良になったり
胃がもたれてさらに気持ち悪くなります。

疲れ切った体に鞭打って
無理やり口に放り込んでも効果は薄い。

最終的に次の食事で
余計に食欲がわかず辛い思いをしてしまう

(記事:夏バテで胃もたれ?胃の不調を整えるには。)

 

胃が丈夫な人は無理に食べても
体が回復するかもしれませんが
私はそんな体が強くありません。

だからこそ無理には食べない。

食べたくないなら
その時の食事は0にしています。

 

その上で、じゃあどうすれば
自然と食欲がわいてくるのか?
「食べてもいいかな」という気持ちになるのか?

次から本題の
夏バテ対処法に取り組んでいきます。

 

夏バテを根本的に解消していくために

夏バテ対策

まず一般的に言われている
夏バテ対策を確認しましょう。

夏バテになる原因を見ると
対策も練りやすいですね(^^)

 

【夏バテになる3つの原因】

① 自律神経の乱れ

  • 熱帯夜で寝付けない
  • クーラーの効きすぎ
  • 暴飲暴食
  • 夜更かし

 

② 水分不足(発汗作用が弱まる)

  • 利尿作用のあるカフェインを飲む
  • お酒の飲みすぎ
  • 外で過剰な運動
  • 外出してる時間が長い

 

③ 胃腸の機能が落ちる

  • 冷たいものを飲む
  • アイスの食べすぎ
  • 重たいもの(うなぎ,肉)の食べ過ぎ
  • 辛いもの(カレー,激辛料理,スパイス)

 

自律神経、水分不足、胃腸が弱まる
この3つが夏バテの症状を引き起こす
主な原因とされています。

…ということは解消法も
この3つから考えていけばいいですよね?

 

例えばカフェインの代わりに麦茶を飲む
室内では上着を着る
常温で飲食するよう心掛けるなど

あなた自身が当てはまる習慣を見つけ
そこを改善していくことで
夏バテも乗り切りやすくなります。

 

超基本的なことですが
夏バテを解消することで
食欲も自然と戻りやすくなります。

まずはここからですね。
あなた自身の原因を突き止めて
そこを変えていきます(^^)

 

詳しくは次の記事でまとめてるので
読むと役に立つと思いますよ。

記事:夏バテを解消する為の3つのアプローチ

 

【参考までに】個人的にオススメな食欲増進に効果のある方法

 

夏バテ解消法の中でも
私がオススメする方法があります。

これを徹底すると翌日の食欲が
自然と回復してることが多いので
ぜひ実践してみてください(^^)

 

ポイントとなるのは体感温度睡眠
そして漢方の3つですね。

自律神経を乱す室内外の温度差を無くし
ぐっすり寝て漢方の力を借りる。

これで食欲をある程度まで
取り戻すことができます。
一つずつ紹介していきますね。

 

まず体感温度について。

これは先ほどもチラッと言った通り
上着を一枚、持っておくのが効果的。
(あと会社ではひざ掛けを常備します)

 

電車、車、教室、社内、お店、コンビニetc

ガンガンにクーラーが効いてる空間で
さっと羽織れるようにしておくんです。

体感温度が激しいと気分が悪くなりやすく
食べる気も無くしてしまうので
その対策は必須だと思ってます。

 

 

次は睡眠ですね。

徹夜した次の日に食欲がないのは
人間の生活リズムに合ってないことをしたから。

逆に言えばぐっすり眠りさえすれば
翌日の朝ごはんは
夏バテでも食べる気が起きます

 

私が質の高い睡眠の為に
実行してるのは以下の通り。

夜の入浴後からの流れ
順番に書いてみました(^^)

 

【ぐっすり眠れるコツ】

  1. シャワーじゃなくて湯船に浸かる
  2. 入浴中は目を閉じる
  3. お風呂上りにストレッチとマッサージ
  4. 室内の電気を豆電球にする
  5. 空調は27℃に設定
  6. 布団に入ったら腹式呼吸

 

だいたいこのような流れですね。

ポイントは寝る時間が近づくにつれ
目に入る光を抑えること

 

湯船で目を閉じたり
寝室を豆電球にするのは

「夜だよ」というメッセージを脳に送って
眠気を引き出す為です。

パソコンやスマホも
ブルーライトのアプリを入れて
目に入る光の量を減らしましょう。

睡眠と疲れや夏バテに関しては
こちらに載せてます↓

記事:寝不足で夏バテ?熱帯夜にグッスリ寝る方法

 

 

最後は漢方について。

胃薬は抵抗がある場合や
夏バテのような季節的な原因による体調不良だと
漢方は効きやすいイメージがあります。

 

ドラックストアに行って
『胃の調子を整えるタイプ』の漢方を選びます。

胃もたれや胸焼けなど
症状に合わせた漢方よりも

総合的にアプローチしてる漢方から
順に試すといいですよ
(薬剤師さんに聞くと早く済みます)

 

このように夏バテ解消法の中でも
体感温度、睡眠、漢方を見直すことで
私は効果を実感できます。

人によって個人差はあると思いますが
一つの参考にして頂ければ嬉しいです。

 

食べやすい食材と食べ物、食べておきたい栄養素

夏バテと味噌汁

もし少しでも食べる気になったら
積極的に食べておきたい料理があります。

それはお味噌汁

 

野菜を効率的に食べれますし
発酵食品で腸にも良い。

暖かい料理なので胃を冷やす心配もなく
塩分も摂取できます。

ネギや豆腐を入れたり
胃の調子が戻り出したら
豚肉を入れて豚汁風にするのもアリ。

 

タンパク質、ビタミン、ミネラルなど
バランスよく食べられる料理が味噌汁。

私は夏バテになると
いつも味噌汁に頼ってます(^^)

 

それ以外でも消化しやすい
温かいいろんな食材が入ってる

この3つを満たす献立が
夏バテ撃退レシピと言えますね。
(鍋とかポトフとか)

スポンサーリンク

【例外】どうしても食べられない時に最終的に頼るもの

ここまでは夏バテで食べられない時に
夏バテ対策をして上手くいった場合。

そういったケースの流れを話しました。

 

でもいくら解消法を実践しても
ぜんぜん、良くならいこともあると思います

逃げられないストレスがあったり
なにか理由があって
夏バテ解消法を実践できない時は
食欲も元に戻りづらい。

 

そんな重症の夏バテの時は
自分で何とかしようとせずに病院に行きましょう。

事情を説明すると
点滴をうってもらえます。(だいたい)

私も一度だけ夏バテで食べれなく
点滴してもらった時期がありますが
一日くらいは持ちます。

 

早めから対応すれば
さっき話した解消法で
良くなるケースがほとんどですが

それでも全く良くならないなら
医師に相談するのが最終手段かと。

 

今回は夏バテで食べられない時に
どうしった対応をするのか?
どういう料理を食べればいいのか?

これらについてお話ししました。

あなたのお役に立てばうれしいです。
ではまた(^^)/

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ