永観堂の紅葉シーズンの見頃は?混雑と夜のライトアップ情報も!

永観堂

永観堂の紅葉を満喫したい!

 

京都フェチの私は
今年も紅葉を見に行きます。

せっかく見に行くのだから
紅葉の見ごろの時期に楽しみたいですよね?

 

今回はみかえり阿弥陀として有名な
永観堂紅葉をピックアップ。

もみじの永観堂」と言われるほど
境内が真っ赤になると言われてるので
今年は永観堂を候補の一つに入れました。

(縁結びのパワースポットとの噂も♪)

 

そんな見ても楽しい
お参りをしてもご利益がありそうな

永観堂の紅葉のピークや
ライトアップの情報、混雑状況を
一緒に見ていきましょう(^^)

スポンサーリンク

永観堂の紅葉は何月がピーク?実際の写真と雰囲気も!

 

ズバリ!まず初めに
京都の紅葉のピークをチェックします。

メディアで毎年言われてる定説は
どこも『11月下旬』となっていますね。

(私は混雑が嫌いなのと
雨で見れないのが嫌なので
毎年、11月15日あたりに行っています。)

 

紅葉の景色が絶景と評判なのは11月下旬。
ただ永観堂に関しては
この時期はめちゃくちゃ人が多いです。

この辺りは好みになるので
混雑も大丈夫なら11月下旬
空いてる方が良いなら11月中旬

このように考えておくと良いですよ(*´ω`*)
(混雑に関しては後で詳しく話します)

 

天気が悪いと12月になるころには
紅葉も無く寂しい思いをするので
この辺りは気を付けましょう。

また今年の生の声を聴きたいなら
SNSを活用するのがオススメ!

Twitterやインスタグラムで検索すると
今日の紅葉の状態が口コミでわかります。

スポンサーリンク

実際に言った時の写真と永観堂の雰囲気を公開!

 

私も先日、永観堂に行ってきました。
その時の紅葉の様子はコチラです。
(2016年の11月13日、15時の写真です)

eikandou

 

永観堂の玄関から撮った写真がコチラ。
(人が写らない様に地面は切りました。)

永観堂の玄関前

 

これらの写真をみてお分かりの通り
11/13日が、やっぱり少し早かった(笑)
でも混むのが嫌いなので仕方ない。

境内は自由に歩き回れますが
全て回るとなると拝観時間は30分くらい
(早歩きで有名な私のペースで)

一般的なペースで紅葉のピークに行くなら
所要時間は1時間以上と考えて良いでしょう。

 

暗くなればデートコースに
永観堂を入れても良いですよね。

外国人の観光客も多いけど
周辺をぐるっと回るだけのルートでも楽しめます。

 

ライトアップの時間や時期、鉄板のおすすめルートって?

悩み事をしている女性

永観堂は昼もキレイなけど
夕方、夜にかけると別の顔になるんですね。

夜間のライトアップの基本情報はコチラ↓

  • 期間…平成28年11月8日(火)~12月4日(日)
  • 拝観時間…17時30分~20時30分に受付終了、21時に閉門
  • ライトアップ場所…阿弥陀堂、画仙堂、庭園
  • 料金…中学生以上600円
  • 備考…ペット禁止、文化財の撮影禁止

 

私は夕方もチラッと見に行きましたが
17時には既に人が並んでいました
(休日だと行列も出来るらしいです)

混雑が進むと50分待ちとかもあるので
ライトアップを見たいなら
早めに並んだ方が良いですね。

 

YouTube動画を見たけどキレイだもん。
混んで当然だね( *´艸`)

ライトアップ時のベストなルートを考えてみた!

 

ライトアップ時はもちろん
永観堂のおすすめルートをご案内します。

私個人の趣味に偏ってる可能性があるけど
その辺りはご勘弁を(;^ω^)

 

まず見どころは”石畳もみじ“ですね。
総門を入って大玄関の右になる石畳。

ここに紅葉が落ちているので
とてもキレイでした。
(ライトアップされてたら、もっとキレイ。)

 

あとはもちろん本堂(阿弥陀堂)ですね。
本堂を出た後、すぐにある極楽橋も
心が安らぎリラックスできました。

橋を渡ると画仙堂と”みかえり茶屋“があります。
ここは、みたらし団子が美味しくて有名。

 

あと昼に行くなら多宝塔
京都の町を一望するのがオススメ!
(夜は無理のようです。昼だけ。)

人が多いので何となくの流れがあり
その流れに沿っていると自然と見れますが
見逃さない様に事前に確認すると良いです。

 

Googleマップを貼っておくので
総門からのルートをチェックしときましょう。
当日にスムーズに回れます。

永観堂

 

[補足】 混み具合は仕方ないと覚悟しておく

 

私は日実の昼を狙いましたが
それでも混雑はしていましたね。

土日のライトアップとかは
おそらく激混みになるかと…

 

境内は人数を調整しますが
待ち時間は覚悟しておいた方がいいです。

昼でもベビーカーはキツイ。
絶景を見たいなら
混雑は受け入れるしかないです。

 

最後に永観堂のアクセスや駐車場など基本情報を!

事前の準備をする

ここまで読んで「行きたい!」と思われた人の為に
行き方周辺情報を載せておきます。

最寄駅は地下鉄東西線の蹴上駅
ただ三条駅から歩こうと思えば歩ける。

気合を入れれば
阪急電車の河原町駅からもOK。
(1.5kmくらいの距離です。)

 

駐車場に関しては秋は自家用車はNG。
代わりのパーキングに岡崎公園駐車場という
少し離れた場所を指定しています。

JR京都駅からはバスが通ってるし
絶対に車!じゃないなら
電車やバスの方が
渋滞でイライラしないで済みますよ

 

今回は永観堂の紅葉について
私の実体験を交えてお話をしました。

また永観堂は金戒光明寺や知恩院と近いので
そちらも一緒に回ってみてはどうでしょうか?

記事:金戒光明寺の紅葉と見頃とおすすめコース
記事:知恩院の横になる苑が綺麗だった!
記事:京都のおすすめ紅葉の名所10選

 

 

京都はバスや電車を上手く使えば
一日で数か所の紅葉を楽しめます。

もちろん名所だけじゃなくて
行く途中の景色も風情があるので
人力車なんかもオススメですね。
(写真をきれいに撮ってくれます)

 

紅葉の景色や混雑具合など
いろいろバランスを見て
ストレスなく楽しみましょう(^^)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ