子供のクリスマスプレゼントの予算と相場は?

クリスマスプレゼント相場

いくら位の予算が妥当なの?

 

迫るクリスマスプレゼント
子供へのプレゼントの相場っていくらい?

誰かに聞きたいけど誰にも聞けない

 

そんな、あなたの悩みをスバッと解決!
子供の年齢別で相場を考えてみた。

あなたの予算で足りますか?

 

 

こんにちは。
記事をご覧いただきありがとう
ございます。

 

私には4歳になる甥っ子と
2歳になる姪っ子がいて

毎年、年末とお盆の季節に
里帰りしてきてくれます♪

 

見るたびに大きくなっていって
幼稚園の影響か東北弁になって

大阪市に帰ってくるのが
たまらなく可愛い(笑)

 

そんな自慢の子がいるのですが・・・
もうそろそろクリスマスですよね?

その子たちに何か
プレゼントしようと思っているんです。

 

その時に、ふと頭によぎった疑問が1つ。
それは「どれくらいが相場なのか?」

高すぎるプレゼントも
子供に良くない気がするし

安すぎると買い物のついでに
買ったのと変わらない。

 

少し疑問に思ったので
今回、記事にしてみました。
【子供へのクリスマスプレゼントの相場】

 

調べてみると年齢関係性
いろいろと相場が
変わってくることがわかったので

年齢別、関係性別に
カテゴリー分けしています。

ぜひぜひ参考に
してみてください(^O^)/

スポンサーリンク

0歳~幼稚園までの間の家庭の予算をチェック!

 

まず最初は幼児
0歳~6歳くらいにかけてです。

自分の子供へのプレゼントでの予算は
3000円が最も高く(30%)
ついで5000円25%)
でした。

 

幼稚園に入ると自分の欲しいものが
はっきりするので
5000円ほどかかってしまいますが

赤ちゃんの場合は「あげない」
「お菓子」という回答も目立ちました。

 

親戚の子供へのプレゼントは
先ほどとは少し違っていて

「たまにしか会えないこと」
「孫や甥っ子にメロメロな人」

この2つが理由かと思いますが
相場が高くなっていました

相場は5000円(25%)か
1万円(20%)
程度。
次は小学生の場合をチェックしましょう!

 

小学生だと少しづつ平均額に変化が出てくる

 

小学校低学年だと
3000円(23%)4000円(14%)5000円(30%)
となり平均額が高くなってきます。

さらに、小学校高学年になると
一層、平均値はあがり3000円(21%)、
4000円16%)、5000円(34%)

結構、キツくなってきますね(^_^;)

 

しかし、一方で関係性が
親戚の場合は先ほどと

平均額はそれほど変わらずに
5000円~1万円ほど。

 

甥っ子や孫に渡す場合は
地球儀など勉強で使うものを

プレゼントとして渡すようで
品は変わるけど額は変わらないようです。

スポンサーリンク

中学生だと出費がキツイ?親戚は楽ちん♪

 

中学生だと、一気に
パーセンテージに変化が見え
3000円(14%)、5000円(42%)、1万円(16%)

さすがに中学生が欲しいものは
ゲームソフトやゲーム機など

高価なものになりますから
しょうがない一面もあるのかなぁ。

 

親戚の場合はこの辺りになると「渡さない」
という回答が目立ち60%に及んでいました。

渡す場合は5000円(20%)ほど。

中学生になると大人の入り口ですから
親戚くらいの関係性では
渡す必要はないです。

 

子供がテンションUPする渡し方とは?

 

最後に一覧にして
見やすくしてみました。

【子供へのクリスマスプレゼントの相場】

 

[0歳~6歳の場合]

  • 我が子には3千円(30%)5千円(25%)
  • 親戚の場合は5千円(25%)~1万円(20%)

 

[小学生の場合]

  • 低学年なら3千円(23%)4千円(14%)5千円(30%)
  • 高学年なら3千円(21%)、4千円(16%)、5千円(34%)
  • 親戚関係の場合は0歳~6歳と変わらず

 

[中学生の場合]

  • 我が子には3千円(14%),5千円(42%),1万円(16%)
  • 甥、姪、孫には渡す必要はない

 

いかがでしたか?

こうしてみると私の家庭は平均的でしたし
小さい頃は、それで十分だと思います。

 

高い買い物をすればいい
…というものではなく

子供が喜ぶものを
意識して選んであげましょう!

記事:クリスマスのプレゼント選びのコツは?
記事:子供が喜ぶプレゼントの渡し方(クリスマスver)

↑上の記事を読んで
年齢別にプレゼントの選び方や

クリスマスを演出する
渡し方をチェックしてみてください!

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

ではまた、次の記事で
お会いしましょう(・ω<)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ