お彼岸はいつ?2016年,秋の期間はいつからいつまで?

2015年、秋のお彼岸の期間はいつ?

お彼岸っていつまで大丈夫なの?

 

何かと忙しい9月下旬。
お彼岸の期間と家族の
スケジュール調整は大変。

そこで今回のテーマは
【2016年のお彼岸】

 

由来墓参りの期間
お盆との違いお供えなど

秋彼岸の基本情報を
調べあげてみました。

スポンサーリンク

こんにちは。

記事をご覧いただき
ありがとうございます。

 

先日、家族で
お盆に行ってきました。

その帰りの車内で
「次はお彼岸だね」という話題に…

 

そこで私は「お盆と何が違うの?」
って何気なく聞いたのですが・・・

そしたら車内は沈黙に包まれ
誰も何もしゃべらなくなりました(笑)

 

そうです!私を含め
誰も詳しいことは知らなかった。

何となくお盆に墓参りをして
何となくお彼岸も行く。
毎年、そうしていたんですね。

 

それに周りでも、こういう知識を
知っている人はいなくて
「何となく」習慣の一つとして行っていた

そこで私自身、答えが気になりましたし
自分の先祖に関わることなので
詳しく調べてみることにしました。

 

今回のテーマは【お彼岸】

  • お彼岸の由来とお盆との違い
  • 2016年のお彼岸の期間は?
  • マナーを確認する

↑この3つに絞って
記事を書いてみました。

 

由来から見える「お墓参りの意味」

 

まずはお彼岸の由来から
お話したいと思います。

仏教の世界では私達がいる世界を此岸
そして生死の海をわたって辿り着く
悟りの世界を彼岸と言います。

 

そしてもう一つ、仏教では此岸は
東に彼岸は西にあるとされています。

彼岸が春と秋、春分の日と
秋分の日 にあるのは太陽が
彼岸と此岸を結ぶからだったんです。

 

2つの世界が通じやすくなった時に
先祖への供養をする

それがお彼岸の由来であり
お墓参りをする意味でした。

 

お盆とお彼岸の違いもスッキリ!

このように由来を調べると
お盆との違いもわかりましたね!

 

お盆は先祖がこの世に
戻ってくることなので

時期がたまたま近いだけで
意味が全く違ってました。

 

将来、自分の子供に聞かれた時も
これで自信を持って答えられます。笑

車内で痛いところを突かれて
沈黙になることもないですね(´・ω・`)

 

では、次にお彼岸の期間
いつから行っていいのか?
いつまでに行けばいいのか?

これを説明していきます。

 

いつまでに行けばいいの?

 

先ほども書いたとおり、お彼岸とは
此岸と彼岸に太陽が真っ直ぐ通る時に
先祖へ墓参りをすることでしたね。

なので、お彼岸の時期というのも
この太陽が真東と真西を結ぶ間。

具体的に言えば秋分の日の
前後3日(9月20日~27日)です。

 

ちなみに9月20日を彼岸入り
9月27日を彼岸明けと言うそうで

この20日から27日の間に
家族で揃って先祖へのお墓参りが
出来ればベスト(´・ω・`)

今からスケジュールを管理して
この1週間の間に調整しましょう!

スポンサーリンク

お供えは何を選べばいいの?

お彼岸が何かもわかった!
いつ行けばいいのかも、わかった!

最後はマナーですね(^^)

お墓参りでは墓周りの掃除や
手を合わせるのですが
悩みどころは『お供え』

 

祖母に聞いてみると
昔は『おはぎ』がお供えだったようです。

ただ、ネットで調べると
「今も、おはぎじゃないといけない」
…というほどではありません。

 

お寺ならお茶菓子だったり
親戚の家なら故人が好きだった品

またはお線香や
フルーツ(季節のもの)もいいですね。

昔ほど決められてはいませんが
悩むなら『おはぎ』をオススメします。

 

 

では最後に、この記事の
内容をまとめておきます。

  • お彼岸とは秋分の日に先祖を供養をすること
  • 期間は9月20日から27日
  • お供えは『おはぎ』が一般的

 

いかがでしたか?

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

ではまた、次の記事で
お会いしましょう。(^^)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ