子供へクリスマスプレゼント~大喜びする渡し方~

子供が大喜びするクリスマスプレゼントの渡し方

どうやって渡せば喜んでくれるの?

 

2歳から7歳くらいまでの
サンタクロースを信じる男の子と女の子

この世代が一番喜ぶ
プレゼントの渡し方を考えてみた!

子供を笑顔にする
クリスマスプレゼントの渡し方とは?

 

 

こんにちは。

記事をご覧いただき
ありがとうございます。

 

お子さんへのクリスマスプレゼント
もう決めましたか?

ある程度、大きくなれば
欲しい物もハッキリしますが

3歳、4歳、5歳辺りだと
親が決めることも多いので
プレゼント選びも一苦労ですよね?(^_^;)

 

もし、プレゼント選びが決まっていないなら
前回の記事を参考にしていただきたいです。

年齢別、男の子と女の子に分けて
プレゼントの選び方を書いた記事です。

必ず、あなたの役に立ちますので
プレゼント選びについて知りたい方は
コチラをクリックして参考にしてみては?

記事:子供を笑顔に!クリスマスプレゼント作戦!

 

…さて、この記事では前回の記事のように
プレゼント選びについては触れません。

この記事ではプレゼントの「理想の渡し方」について
私自身の経験も加えて書いてみました。

 

せっかくの人気商品やネットでランキングを見ても
渡し方を失敗すれば、実にもったいない!!

だからこそ、お子さんが大喜びする
プレゼントの渡し方を実践しましょう(・ω<)

スポンサーリンク

渡し方① サンタクロースの真実を話して期待感を!

1つ目の方法は「サンタの真実を伝える」こと。

「サンタさんがいないって言えばいいの?」

あなたはこう勘違いするかもしれませんが
実はサンタクロースって実在するんですよ?

 

世界に約180人、公認のサンタクロースがいて
毎年サンタクロース会議がデンマークで開かれています。

そして、児童施設や小児病棟に一足早くに
プレゼントを渡り歩いるんだとか。。

日本でも公認のサンタさんもいますし(*´ω`*)
(現在はおそらく1人しかいません)

 

何となく「いるよ」と伝えるよりは
なるべく詳細を話してあげたほうが

子供もイメージしやすいですし
期待感も高まります。

 

なのでクリスマスの前に一度
サンタクロースの情報を軽~く
話してあげてはどうでしょうか?

起きたらプレゼントが置いてあるだけでも
事前に話していたほうが喜んでくれると思います。

 

渡し方② サンタクロースとコンタクトを取ったら大喜び?

2つ目の方法は、お子さんに
サンタと触れ合う経験をさせてあげること!

話に聞いたり、いるって信じてるよりも
実際に交流することでテンションも上がり
お子さんは幸せになること間違いないです!

具体的な方法として
いくつか挙げてみます。

 

自宅に電話をしてもらうよう頼む

友達や親戚に頼んで
自宅に電話をしてもらいます。

そしてサンタさんとして
あなたのお子さんと会話をする。

 

この時のポイントは
家族で揃っている時に電話が鳴ること!

これで現実味が増しますし
お子さんも信じるはずです(^^)

 

英語の手紙をポストへ!

英語でお子さん宛に手紙を書くのもアリです。
何気なしに「ポストに入ってたよ」と手紙を渡す。

ちょっと大変ですが英語で書けば
子供は読めなくても大喜び間違いなし!

 

「サンタさんから手紙もらったんだよ」って
友達に自慢できますよね(・ω<)

スポンサーリンク

 

インターホンが鳴って扉を開けてみると

もう一つの具体的な案としては
誰かに頼んでインターホンを押して貰うこと。

家族でいる時にインターホンが鳴り
見に行ってみると、ドアノブにプレゼントが!

 

そこには絵本やゲームなどの
プレゼントとメッセージカードが入っています。

「さっきまでサンタさんがいた!」
テンションが上がる姿が目に浮かびます。。

多少の演技が必要ですが
やりがいがありますよね。

 

渡し方③ 実際に会ったら一生の思い出に!

最後の方法は実際に
サンタに会ってもらおうというもの!

実は、東京や大阪、名古屋などの
都会周辺ならサンタクロースの
派遣サービスがあるんです。

一度、グーグルで調べてみてください。
「(あなたの街) サンタ 派遣」
これで調べたらヒットするかも!

 

また派遣出来なかった時は
同じ年代の子を持つ親同士で
交代でサンタさんを演じるのもアリです。

わざと距離をあけて遠くにいてもらって
「あれサンタじゃない?」と見つけたふりをする。
すると遠くから軽く手を降ってもらえる。

 

このような一瞬の交流
子供にとっては良い経験だと思います。

近づきすぎたり長い間一緒にいると
感動が薄れるし、ボロがでるかも(^_^;)

 

 

いかがでしたか?

 

お子さんが中学生や
高校生なら少し無理がありますが

幼稚園や小学校低学年までのお子さんなら
効果抜群の渡し方を考案したつもりです。

ぜひぜひ参考にしてください!

 

次回はこの季節に大流行する
インフルエンザについて調べてみました↓

記事:子供に多いインフルエンザの症状
記事:インフルの感染率を下げる方法

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

ではまた次の記事で
お会いしましょう。(・ω<)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ