インフルエンザの予防接種は妊婦でも受けれる?妊娠中への影響は?

インフルエンザの予防接種と妊娠

妊娠中に避けたいインフルのウイルス感染

 

  • 流行の時期に予防接種って必要?
  • 妊婦の場合は、ワクチンの使用はOK?
  • 赤ちゃんへの副作用ってある?

胎児がいるケースの
予防接種のギモンを考えてみる。
注意すべきは感染経路と

 

 

 

 

最近は一気に
肌寒くなってきましたね!

空気も乾燥してくる季節になり
体調管理が必要なシーズンとなりそう。

 

私の姉は特に
体調管理を徹底してまして。

…というのも姉は今、三人目の子供を
お腹の中に宿しているんです!

 

男の子、女のこと来て今度は女の子。

「大きくなったら
長男の甥っ子は大変だろうなぁ」

…なんて他人事のような
心配をしています(笑)

 

そんな妊娠中の姉が
今の季節に最も警戒しているもの

それがインフルエンザ

 

前回の記事でも書いたのですが
去年のちょうど今頃、長男の甥っ子が

インフルエンザにかかってしまって
アタフタしていました(・_・;)

 

幼稚園に通っているので
感染しやすくなっているみたいで

これまで以上に予防をしようと
姉は決意しているようです。

 

そんな姉を見て疑問に思ったのが
妊娠してても予防接種って
出来ないのかなぁということ。

  • お腹の中に子供がいたら
  • 予防接種は出来ないのか?
  • 出来るなら注意点は何?

そう疑問に思ったので
調べてみることに!

 

今回のテーマは
【インフルエンザと妊婦】

妊娠中は絶対に
避けたいインフルエンザ

そんな私の姉の為に
情報を集めてみました。

スポンサーリンク

予防接種を受けるかどうかで優先すべきは母と子

 

これから予防接種の話や
母体への影響など

いろいろとお話をしていきますが
これだけは絶対に忘れないでください。

それは最優先すべきは母体と
お腹にいる赤ちゃんだということ。

 

経験上、あーでもない、
こーでもないと悩んでいるうちに

1番大切なことを忘れて
判断してしまうことがあります。
(私がそうです。泣)

 

だからこそ、ここで1番
大切なものをまず確認しましょう。

最も大切なのは,母と赤ちゃん 

「この2人の為に」ということを
頭に入れておいて、本題に入りましょう!

 

妊娠中でも予防接種は可能?厚生労働省が語る安全性

 

結論から言いますと
妊娠中の全期間で
インフルエンザの予防接種は問題ありません。

超初期でも初期でも後期でも
予防接種のNG期間というのはありません。

 

厚生労働省の公式HPの文章によると

妊娠初期にインフルエンザワクチンの接種を受けたことにより
流産や先天異常の発生リスクが高くなったという報告は現在のところありません。
予防接種における有益性と危険性を、ご自身の基礎疾患や
出産予定日等を踏まえて主治医と相談した上で、
接種の適否とその時期を決定するようにしてください。

引用元 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_ninpu.html

予防接種の危険性は極めて低い。

その時の体調を踏まえて
産婦人科医と相談して決める。

このような意見となっています(^^)

 

予防接種の間隔や
回数も妊娠中だからといって

「何か変えなければならない」
なんてことはありません。

 

 

「安全なのか!
じゃあ、予防接種をしよう!」

…と結論づけたくなるかもしれませんが
ちょっと待ってください!

 

あくまで私が
個人的に調べた範囲ですが

【妊娠中=予防接種すればOK】というのは
偏った意見である気がしたんです。

 

そもそもインフルエンザの
予防接種の仕組みは

インフルエンザウイルスの一部を
無毒にして体内に入れて
免疫をつけるというもの。

だから予防接種をしたからといって
絶対に、今年はかからない!
…と言うわけではありません。

 

「インフルエンザにかかりにくい」
「かかっても重症化しにくい」

…というのが正確な表現です。

なので予防接種をしても、
インフルにかかるかもしれない。

 

もちろん予防接種自体は
厚生労働省も勧めていますが
一番大事なのは予防だと思うのです。

そこで重要なのはお子さんと夫。

家族で注意すべき
インフルエンザ対策とは?

スポンサーリンク

夫や子供に協力してもらって家族でインフルエンザ対策!

 

インフルの感染経路として
家族から感染するというのは多いケース

だから家族単位での
インフルエンザ予防をオススメします。

 

ってことで旦那さんにも予防接種を
受けてもらうといいですよ。

もちろん流行時期のマスクや
帰宅時のうがい手洗いも(・ω<)

会社で働いていたら、
どこでウイルスを
もらってくるかわかりませんですし。。

 

旦那さんには話して協力してもらうとして
注意すべきはお子さんです。

今、お腹の中にいるお子さんが
二人目以降の場合、長男長女は
保育園、幼稚園の年代ではありませんか?

もしそうなら、お子さんに
「インフルエンザに注意しなさい!」といって
予防するのって難しいですよね?(というか無理)

 

  • 幼稚園や保育園で友達と遊ぶ
  • 習い事で色んな子どもと会う。etc

そんな生活では
子供に口で伝えただけでは
インフルエンザの対策は不可能。。

なのでなるべく
感染しないようにということで
「一緒にインフル対策」をしてみては?

記事:家族で出来るインフル予防方法とは?

 

帰宅したら一緒に手を洗う
うがいする、一緒にマスクをする。

お母さんの真似なら
子供も継続しやすいです。

(私の甥っ子も
姉のマネばかりしています。)

 

そして流行時期に、もし幼稚園内で
インフルエンザに感染した子がいたら

その時は、あなたのお子さんの
予防接種も考えたほうがいいかもしれません。

(メチャクチャ嫌がると思いますが・・・)

 

大切なのは予防接種をして終わりではなく
家族で出来る範囲で感染リスクを下げること

私はこれが一番
大切だと思います(^^)

 

予防接種をする日は慎重に!産婦人科医と相談

妊娠中でインフルエンザの予防接種を受けれるのか

この記事に書いてあることは
ちょっと慎重過ぎると思います。(笑)

でも、それぐらいでちょうどいいですよね?

だって自分ひとりの
体ではないのだから。

新しい家族の為なんですから。
別に慎重過ぎてもいいじゃん(笑)

 

では最後にこの記事の内容を
まとめておきますね(・ω<)

  • 予防接種の危険性は極めて低い
  • 産婦人科医に事前に相談する
  • 予防接種をする日はあなたの体調を優先する
  • 家族でインフルエンザ予防を実践する

 

追記、その後の私の家庭では…

 

その後、私の姉は
予防接種を受けることになりました。

  • 上に二人の子供がいる
  • 二人とも幼稚園に通っていてインフル対策が難しい
  • 産婦人科医から「受けてもいい」と言われた

 

これらを確かめてすごく慎重に
インフルエンザの予防接種を受けました(笑)

「調べてくれてありがとう」
と言われたので単純に嬉しかったです。

妊婦さんとしては忙しいし
体調も変動しやすいので
調べたくても調べれなかったんだとか…

 

今の私は感謝されたので
たくさん調べてよかったなぁと
自己満足に浸っておりますwww

また新しい情報が手に入れば
追記していきますね。
ではまた(^0^)/

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

2 Responses to “インフルエンザの予防接種は妊婦でも受けれる?妊娠中への影響は?”

  1. 彩香 より:

    現在妊娠7週目です!
    毎年インフルエンザの予防接種してますが、職業が看護師と言う子ももあるのか感染します。
    症状は軽くすむのですが妊娠中の予防接種まよってます

    • 管理人 より:

      彩香さん:
      コメントありがとうございます。

      看護師さんなんですね。ご苦労様です。
      病院で働かれていると感染もしやすいですよね。

      厚生労働省のHPでは以下のように書かれています。
      『妊娠初期にインフルエンザワクチンの接種を受けたことにより流産や先天異常の発生リスクが高くなったという報告は現在のところありません。』
      ただ個人的にはまず産婦人科医に相談した方がいいと思っています。

      その時期の体調や状況などは人それぞれなので
      「今は少し延期しておこう」「今の内に予防接種をしておこう」など
      打つベストなタイミングは変わってくるのかなと。

      今は何かと大変な時期かと思われますが
      お体を大切になさってください(^^)

管理人 にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ