インフルエンザ予防接種の副作用2017~子供は熱に注意~

インフルエンザ予防接種の副作用

今年も用心の時期がやってくる!?

 

2017年も迫り来るインフルエンザ!
予防接種ワクチンにも
症状があるから要注意!

 

発疹,めまい,かゆみ
しびれ,熱,頭痛
etc

副作用の一覧をつくってみた。

赤ちゃんや高齢者の場合は特に
発熱の反応を注意深く見よう!

 

 

こんにちは。
記事をご覧いただき
ありがとうございます。

 

そろそろ気をつけないといけない!
そんな季節がやってきました。

インフルエンザの季節です。

私自身、学生時代
センター試験直前に
インフルエンザにかかって以来
憎き敵として対策を練っております。

 

今回は予防接種

その中でも
予防接種の副作用について
情報をまとめてみました。

  • 予防接種の仕組み
  • 副作用の一覧
  • 対処方法について

この3つを中心に
お話をしていきますね!

スポンサーリンク

予防接種の仕組みを知れば副作用も納得?

 

まず最初に
予防接種の仕組みについて
簡単に説明させてください。

仕組みを理解した方が
副作用も理解しやすくなるので♪

 

なぜ予防接種が
効果があるとされているのか?

それは体内にウイルスの一部を
入れることで抗体を作るからです。

 

 

「えっ!予防したいのにウイルスを入れるの?」

 

そう思われた方もいるかと思いますが
これ医療ではよく使われる手法です。

人体に影響がないように処理された
ウイルスの一部を体内に入れることで
体は、そのウイルスの抗体を作る。

だからインフルエンザにかかりにくくなり
重症化しにくくなる効果を得られるんです。

 

ポイントは「かからなくなる」のではなく
「かかりにくくなる体を作る」ということ。

100%ではないため「必要あるの?」という
疑問は出ますが、成人はともかく子ども老人

あとは昔の私のように受験生の場合は
予防接種を受けたほうがいいと言われています。

 

ただ、この予防接種の仕組みが
副作用にも繋がる可能性を生むんです。

どういうことかというと予防接種時に
既に免疫力が低下していたり
体力が落ちている場合は

このワクチンに入っているほんの少しの
ウイルスに体が反応してしまうケースも。
確率としては低いようですが)

 

副作用の一覧!発熱、かゆみが主な症状!

 

では、次に
副作用をチェックしていきます。

先ほども書いたように、予防接種は
体内で抗体を作るということ。

 

なので副反応も、風邪や免疫力が
低下した時に出る症状と
ほぼ同じ症状になってきます。

 

【インフルエンザ予防接種の副作用一覧】

[風邪のような症状]

  • 発熱(微熱~高熱)
  • 関節痛
  • 倦怠感、疲労感
  • 寒気、悪寒
  • 鼻水
  • 下痢
  • 喉の痛み
  • めまい
  • 動悸
  • 痙攣
  • 吐き気、嘔吐

[免疫力低下のような症状]

  • 注射部分の腕の腫れ,かゆみ,しびれ
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • 喘息、発作
  • 目の充血
  • ヘルペス
  • 口内炎
  • アレルギーの症状が出る(アトピー等)

 引用 http://www.yoshinhyo.com/influenza/yoshin-QA10.html
https://www.mcfh.or.jp/netsoudan/article.php?id=876

風邪の時に
見られる症状が多いですよね。

このように風邪のような症状と
免疫力が低下した時に出る症状が
一般的な副作用と言われています。

 

予防接種後に「風邪かな?」と感じたら
先ほどの項目を見て
副作用の可能性を考えてみては?

スポンサーリンク

時期と時間はどれくらい?対処法は?

 

たくさんの副作用を書いたので
不安を感じるかもしれませんが

多くの場合、副作用は
1日~1週間ほどで治まります。

 

湿疹やぶつぶつが完治するには
2週間ほどかかるかもしれませんが

症状としては2,3日
長くても1週間で治まるケースがほとんど。

 

その間お酒を控えたり
お風呂で湯冷めしないよう気をつけ

生活習慣を整えれば
最小限に抑えられますし

頭痛や熱は解熱剤や
頭痛薬で対応できます。

 

副作用に悩む日数が長かったり
症状自体がひどい場合は

予防接種を受けた病院で
再診してもらいましょう。

 

お子さんや高齢者の方で過去に
副作用が出たという方は必ず
予防接種前に医師に伝えてくださいね。

副反応(副作用)は稀なケースですが
頭に入れておいて損はないはず!

一度、サラッとでもいいので
先ほどの一覧を
チェックしておいてください!

 

自宅で出来る予防や初期症状もチェック

 

では最後に、今回の内容を
まとめておきますね(^O^)/

  • インフルエンザ予防接種は稀に副作用がある
  • 風邪や免疫力低下の際の症状と同じ
  • 期間としては1週間で収まる
  • 副作用がひどい場合や1週間で治まらないなら病院へ
  • 過去に副反応が出ていたら必ず医師に報告

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 

当サイトではインフルエンザに関する
情報を他にも沢山、集めてあります。
そちらの記事も読んでみてくださいね!

記事:インフルエンザの潜伏期間は何日?
記事:インフルを感染率を下げる簡単な予防法
記事:インフルエンザA型の初期症状は?

 

 

感染する確率を下げる
感染しても早く気づいて対処する。

インフルの脅威から逃れるには
この2つの意識が大切です(^^)

 

ではまた次の記事で
お会いしましょう。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

2 Responses to “インフルエンザ予防接種の副作用2017~子供は熱に注意~”

  1. せきや より:

    大変役立ちました。有難うございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ