五月病の症状をチェック!体調不良はいつまで続く?【2017】

五月病の症状と対策

この辛い疲れって、もしかして五月病?

 

イライラ,抑うつ,不眠,動悸etc
何か体調がすぐれない日が続いてませんか?

病院に行く前に自分で健康を確認!
ストレスからくる五月病を
客観的に診断しよう!

あなたの隠れ疲労度は?

 

 

(何か体調が優れないんだよなぁ)

 

新生活が始まり
新しい環境に慣れてきたと思ったら
体の状態に変化が・・・

その症状、五月病かもしれません。

 

私自身、新社会人になった時や
全く知らない土地で大学生活を始めた時
この何とも言えない不快感を味わいました。

「誰かに気軽に相談なんてできないし…」
「仕事があるから,休んでる場合じゃない」

そうして、症状をほっておくと
悪化して病気に繋がるかも。。

 

そこで、今回のテーマは
【五月病のセルフチェック】

自分で勝手に判断するのではなく
客観的にあなたの体を診断しましょう。

早く対応してサクっと治す為にも
まずは体からのサインに気付く!(^^)

スポンサーリンク

あなたの症状は?チェックリストを確認

 

特に専門的な知識が必要じゃなくても
五月病の深刻度を知ることが出来るように
簡単なチェックリストを作ってみました!

「どの症状が当てはまるか?」
それを頭の片隅において
確認してみてくださいね(*´ω`*)

 

■ 五月病の主な症状チェックリスト

【胃腸の症状】

  • 胃痛、胃もたれ
  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • 食欲の低下
  • 吐き気

 

【睡眠系】

  • 日中の眠気、睡魔
  • 眠れない、寝付きが悪い
  • 不眠(中途覚醒,早起覚醒)

 

【風邪に似た症状】

  • 疲れやすい、疲労感が抜けない
  • 頭痛
  • 倦怠感、だるい
  • 発熱、微熱
  • 蕁麻疹、アトピーの悪化
  • アレルギー症状の悪化

 

【メンタルヘルス系】

  • やる気が出ない、無気力
  • 欠勤、不登校、休む
  • イライラ
  • 抑うつ
  • 動悸
  • 貧血、めまい
  • 不安

 

症状の共通点としては
自律神経からくる不調
ホルモンバランスの乱れが主。

 

ストレスを感じにくく完璧主義だったり
燃え尽き症候群が、なりやすい人と言われています。

引っ越しによる気圧や気温の変化
気候の適応への負荷も理由ですね。
(引っ越しうつとかは典型。)

それらの長期的なストレスが
体を休める副交感神経を鈍らせ
不調になってしまうんです(-_-)

 

不調で収まらずに、
欠勤や欠席、パニック症など
行動に影響が出るのなら

心療内科などで適切な治療をしたほうが
改善するのは早いですが・・・
(うつ病のリスクもありますし)

 

ほとんどの場合は
新しい環境に慣れて
いつの間にか回復していくので安心を!

では、これらの症状はいつ治るのか?
平均的な期間を調べてみましょう。

 

不快な症状は,いつからいつまで続く?

五月病はいつまで続くのか?
答えを言うと「人による」です。

ただ大まかな期間は決まっています。
それは1ヶ月ほど。。

 

…というのも新生活は
4月から始まりますよね?

4月からの疲れが体に溜まり
それが不調として出るのが五月病。

要は1ヶ月遅れて体に表れるってこと。

 

だから、新生活に慣れて
元通りの体調になるのは
1ヶ月ほどというケースがほとんど。

もちろん体調の変化に
いち早く気づいたり

体をしっかり休ませれば
1週間ほどで治ります。

 

逆に見て見ぬふりで
体に負担をかけ続ければ
6月になっても全快はしないでしょう。

大切なのは仕事(学校)や
新しい環境では頑張り過ぎないこと。
そして家では体を休ませること。

この2点を抑えれば
どんなに遅くても1ヶ月すれば
スッカリ良くなっていきますよ(^^)

スポンサーリンク

原因と治し方を知ればスッと解消する♪

 

ほっておいても体が慣れれば
勝手に治るのが五月病ですが
出来れば1日でも早く回復したいですよね?

そこで次は五月病の原因と
治し方について深く掘り下げてみました。

 

「少しでも良くなりたい!」
っていう人向きの情報を収集。

興味あるならぜひ↓

記事:五月病の原因は?
記事:五月病の症状を解消する3つのコツ

 

 

五月病は頑張った証。
あなた自身が気を張っていた証拠。

だからせめて家にいるときは
リラックスして体を労ってあげましょう(*´ω`*)

ではまた次の記事で!

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ