母の日の相場2017~義母への贈り物!値段の予算はいくら?

義母への母の日のプレゼントの予算は?

義母へのプレゼントには疑問がいっぱい!

 

贈り物の予算は?送り主、差出人は誰?
いつまでに贈る?『贈らない、あげない』ってアリ?
何を渡せばいいの?メッセージカードは?

旦那はあてにならない!(笑)

新婚なら、なおさら気を遣う
義理のお母さんへと母の日の過ごし方とは…

スポンサーリンク

私の姉が頭を悩ませております。。
もうすぐ訪れる「母の日」について。

別に相手のお義母さんと
上手く言っていないわけでもなく
ただ気を遣っているわけで。。

いわゆる猫を被っているんですね(-_-)笑

 

普段、実母に渡すなら私達二人で
合計5千円程度の品を渡すのですが

その家庭内の感覚を
外に持ちだしてもいいのか?
それを悩んでいるみたい。

 

ってことで、今回のテーマは
【義母への母の日プレゼントの相場】

これを調べたので
記事に載せておきます(´・ω・`)

 

「いらない」と相手が言ったとしても
何もしない訳にはいかないですし

かといって、ただ渡せばいいという問題でもなく
影で文句を言われたり不仲に繋がらないように
最低限のマナーを踏まえたギフトを送りたいところ。

 

何年も関係があるのなら、ともかく
新婚や結婚前の婚約中ならなおさら
その辺はデリケートですよね(-_-;)

そんなあなたにピッタリの記事だと思います。
ぜひ参考にしてみてください(^o^)

 

迷ったら統計!母の日のアンケート結果を見る

 

こんな時はアンケートに頼ってしまいましょう。

『統計=皆の声』ということで
これに従っておけば失礼な行動はない!笑

それにせっかく気持ちと一緒に渡すんだから
お母さんが喜ぶモノがいいですし
良いイメージが残る渡し方をしたいですよね(^^)

 

アンケートで使えそうなものを
ネットでカタカタ検索し発見!

こちらに載せておきます↓

スクリーンショット 2015-02-12 11.36.44

引用元 http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/201004/00331/

年代別に見ると20代では千円~3千円
30代では3000~5000円が相場のようですね。

ただ義理のお母さんってことになると
+数千円を上乗せする人が多いです。

 

具体的な数字で言うと
送料込みで1万円以下

この予算内で収めようとする人が
ネットのリアルな声では多かったですよ(^^)

 

もちろんお義母さんと住んでいるとか
年に数回しか会わないなど
会う頻度によっても変わってきます。

なので普段会うなら7000円以内
めったに会わない、遠方なら1万円以内。

これで相手が疑問を持たない
平均的な金額となります(´・ω・`)

 

あとは日程だけ間違えないように!
母の日を間違えれば、『あげたくない!』
と思われていると勘違いさせてしまいます。

今年の母の日を間違えないように
日程の確認はしておきましょう(´・ω・`)

記事:2017年の母の日は何月何日?

 

プレゼントの金額の平均は◯◯円?ってことは…

 

普段からよく会う人は7千円以内
めったに会わないなら1万円。

こう金額を先に決めると
プレゼント選びもスムーズに行きます(^^)

 

何を選べばいいか?
それに関しては『カーネーション+実用品』
これがベストだと思います。

  • 料理が好きならエプロンやハンドクリーム
  • お風呂が好きなら少し値の張る入浴剤
  • お菓子が好きならケーキやスイーツ
  • お義父さんも使えるもの(食べ物や実用品で)

 

このように普段のお義母さんの生活や
好きなものから考えてみては?

何も浮かばないなら商品券でもいいですが
母に感謝する日なので、
形にして渡すのがいいと思います(^^)

スポンサーリンク

誰が渡したらいいの?

 

あとこれは私の友人の話なんですが
プレゼントを直接、渡せる場合は
子供()に渡したほうが喜ぶみたいです。

 

子供にお手紙を書いてもらって
それも一緒に渡したら
すごい喜んでくれたと言っていました(^^)

(やっぱり孫の可愛さは偉大なようですね。笑)

 

なのでもし、お子さんがいれば
孫から祖母へギフトを
渡したらどうでしょうか?

お子さんがいなければ夫(息子)から
渡すように協力してもらってもいいですね。

 

1年に1度の母の日。

お互いに気持ちよく迎えるために
この記事の情報を上手く使ってください。

(私はまず結婚しないと。苦笑)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ