インフルエンザを予防する方法2017!感染率を下げる予防法40選

インフルエンザの感染するリスクを下げる予防法

徹底的にインフルエンザの防ぐ!

 

手洗いうがい食べ物マスク栄養
アルコール消毒湿度乳酸菌 etc

予防接種も大事だけど
もっと大切なのは家族で対処すること。

家族で取り組み
インフルにサヨナラしよう。

 

インフルエンザに感染してからじゃ遅い!
家庭でできる予防と対策とは?

【目次】

  1. 食事でケア!体の中からインフルエンザ対策
  2. 外出時に気を付けたいポイントとは?
  3. 家の中で出来るインフルエンザ予防
  4. 薬や漢方を試す時の注意点

 

そろそろインフルエンザの
季節が近づいてきました。

そこで今回のテーマは
【インフルエンザの予防方法まとめ】

 

ぶっちゃけると、
予防をしたからと言って
100%防ぐことは不可能です。

でも無意味ではありません。
感染力が強く
人から人へうつるインフルエンザ

そのインフルエンザを遠ざける為に
日常で出来る対策を一覧にしてみました。

 

インフルエンザを特に防ぎたい人
特に妊娠している方(妊婦さん)や
高齢の方、子どもに実践して欲しい!

そんな思いでインフルエンザの
予防マニュアルを作りました。

チェックリストとして
使ってもらえればと思います。

スポンサーリンク

まずは食事を見直してインフルエンザ対策!

まずは食べ物や飲み物について
予防、対策になるものを
挙げていきますね(^^)

食事で気を付けたいインフルエンザ予防

食事で気を付ける点は2つ。

積極的に食べたいものと
出来るだけ減らしたいもの。

この2つを把握することです。

▼インフルエンザ予防【食事編】▼

  1. 野菜,みかんを食べる(ビタミンC,D,B郡の摂取)
  2. オススメのレシピはトマト鍋(ハーブ入れるとなお良し)
  3. 乳酸菌で腸内環境を整えて免疫力をUP!
  4. ニンニクで体をホットに!
  5. 納豆などのネバネバを食べる
  6. マイタケでβ-グルカンを摂り免疫UP
  7. 水分補給では、お茶を飲む(特に緑茶でカテキン摂取)
  8. 水を飲む(老廃物を尿で出す)
  9. 乳製品を摂る(牛乳、ココア、紅茶+ミルク)
  10. 料理は自炊で!外食は控える(感染リスクがあるので)
  11. ガムを噛む,飴を舐めて喉の乾燥を防ぐ
  12. 疲れがある日はアルコール(ビール,お酒)はNG
  13. 日常の飲酒も適度に程々に。
  14. 疲れを栄養ドリンクで誤魔化さない
  15. 清涼飲料水や食品加工物はなるべく控える
  16. チョコレート,砂糖は控える(ビタミンが無くなる)

 

『身体は食べた物から出来る』

当たり前のようだけど
実践できてる人って少ないですよね?
(私を含めて)

100%実践しようとすると続かないので
『今日は何が出来たか?』という
加点方式で食生活を見直すといいですよ。

 

先ほど書いた中で特にオススメなのは
乳酸菌で免疫力を高めるという方法です。

特に私が飲んで良いと思ったのは
ハウス食品グループのラクトプラン

ラクトプラン

ラクトプランのHK L-137という乳酸菌を
実験でマウスに投与したところ

インフルエンザウイルスの増殖を抑えたことで
今、注目されている乳酸菌です。

 

「体の中から免疫力を高めて
万全な体制で冬を過ごしたい!」

このように今年は特に予防を徹底したいなら
ラクトプランは心強い味方になります。

なので受験や仕事、家庭の事情など
万全な準備をしたい理由があるなら
公式サイトをクリックして詳細を見てみましょう↓

公式サイト⇒乳酸菌『ラクトプラン』が自分に合いそうか見てみる

 

 

 

 

外出したときの対策と予防に使えるグッズ

インフルエンザを予防する方法

次は外出時でのインフル予防です。
インフルエンザは
強力な感染力を持っています。

学校、会社の職場
電車などの人混みなど

こういった状況でこそ
インフルエンザの対策は
必須となってきます(^O^)

【外出でのインフルエンザ予防】

  1. インフルエンザ対応のマスクを着用
  2. マスクスプレーでマスクを湿らせる
  3. 重ね着をする(気温の変化に対応できる)
  4. 手袋をする(手についたウイルスが口に入るから)
  5. 電車の手すりやつり革は持たない
  6. 外出でトイレを使ったら念入りに手洗いを!
  7. 薬局にある鼻ガードを使う
  8. 帰宅時は手洗い(アルコール消毒で手指消毒)
  9. うがいの前に口をゆすぐ、歯磨きも。(口内の菌を先に出す)

 

マスクに関しては
インフルエンザを想定したものがベスト。

楽天:抗菌マスク【A型インフルエンザウイルスを99%以上跳ね返す】

 

ただ一番大事なのはサイズです。

マスクについては自分のサイズに
ピッタリじゃないと隙間が出来るので
マスクを着用する意味がありません。

ドラックストアで安いものから試して
自分の顔にフィットする商品を見つけて
売り切れる前にストックするのがオススメです。

 

また手洗いに関しても
インフルエンザ対応の物があります。

楽天:次亜塩素酸ナトリウム除菌消臭スプレー【インフルエンザウィルス対策】

メチャクチャ細かい点まで気を付けるなら
手を洗うグッズまで気を付けると良いですよ。

 

家の中では家族全員で取り組む!

インフルエンザ感染

次は自宅で出来るケア
これを集めてみました。

  • 家族がインフルエンザにかかった時
  • 子どもが受験シーズンの時
  • 出産を控えているときは
  • 高齢者と同居している時
  • 赤ちゃん、幼児(0歳~2歳)がいるとき

 

このような状況では身内で一丸となった
インフルエンザ対策は義務です。

今から挙げる対策をチェックして
インフルエンザのシーズンを乗り切りましょう!

【インフルエンザの予防(自宅編)】

  1. エアコンは室温を28℃に設定!
  2. 家の中でも各部屋は適度な換気を!
  3. 加湿器で湿度は60%前後を維持
  4. 掃除でダニ,ホコリを除去
  5. 入浴(シャワーより風呂に浸かる)
  6. “あいうべ体操”で口呼吸から鼻呼吸へ。
  7. プラズマクラスターで空間除菌
  8. 点鼻薬で鼻の粘膜を守る
  9. アロマオイル,アロマスプレーで体を休ませる
  10. 適度な運動(外だとうつるので室内が良い)

 

誰か一人でもインフルエンザになったら
一気に家族の感染リスクも高まります。

全員で協力しながら
冬を乗り越えましょう(^^)

スポンサーリンク

インフルエンザに効果のある薬や漢方

最後は生活の上での予防法ではなく
医学的なモノや家庭医療の中で

インフルエンザの予防に
役立つものを集めてみました。

インフルエンザの予防につながる漢方薬

これまでと違い好き嫌いが
ハッキリ分かれてしまうので
独断で決めてもらって構いません(笑)

あなた自身が納得できるもの
「やってみよう」と思えるものを
選んでくださいね(^O^)

【薬や漢方でインフルエンザ対策】

  1. タミフル処方(副反応から子どもにはNG)
  2. 抗生物質の投薬は効かないので注意!
  3. 麻黄湯(インフルエンザに効果的)
  4. 葛根湯(風邪に似た症状ならコレ)
  5. ウイルスブロッカーを装着(薬じゃないけど)

 

薬や漢方に関しては自分で判断しないで
医師や薬剤師さんに聞くのが必須
(普段から薬を飲んでるなら特に!)

そこから漢方をいくつか紹介してもらって
自分に合いそうだなぁというのがあれば
試して見るのが理想の流れですよね。

 

最初にも言ったけど
予防法を実践したからって
100%防げるわけじゃない。

でも対策をしないでインフルエンザになった時
あなたは後悔しない自信がありますか?

 

『あの時、ちゃんと予防してれば』

こんな悲しい思いをしないように
今できることを確認しましょう。

▼インフルエンザ対策のおさらい▼

■ 食事編

 

■ 外出編

  • 自分のサイズに合ったマスクを付ける
  • 手袋で菌が手に付くの防ぐ
  • 室内に入ったら手洗い、うがい
  • 外出時のトイレは特に触るものに注意

 

■ 室内編

  • 換気をしつつ湿度を60%に保つ
  • 運動は室内で行う
  • お風呂は湯船につかる

※ 薬や漢方は医師や薬剤師の意見を!
(特に薬をすでに飲んでる人は。)

 

この時期は体を大切に。

私もあなたと一緒に取り組んで
インフルエンザ対策をします!(^^)

体の外にある脅威から体を守り
体の中から守る力を高めましょう!

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

6 Responses to “インフルエンザを予防する方法2017!感染率を下げる予防法40選”

  1. コウタロウ より:

    先日インフルエンザB型に感染し発症しました。現在自宅療養中で家族への感染が心配です。洗面所やトイレのタオルの共有とかお風呂に入る順番などもにも気を付ける必要があるのか知りたいのです。

    • 管理人 より:

      発症後1週間はウイルス感染を特に気を付けましょう。

      自宅でもマスクをすること。
      インフルエンザのウイルスは湿度に弱いので60%前後に保つこと。
      タオルは自分だけペーパータオルにして家族と共有しないこと。
      お風呂は最後に入ること。
      …これらを行うと有効です。

  2. Setsu. より:

    私は今B型インフルエンザにかかってます。
    ご飯はぼーろ、ゼリー、ヨーグルト、おかゆ
    飲み物はスポーツドリンクで過ごしてます。
    これをみて食べられそうなものがでてきました。
    ありがとうございます。
    母が今、私の看病をしてくれてるのですが、母も7度の中間ぐらいの熱があります。母はただの風邪かと思っていたのですが、もしかしたら母もインフルエンザかも知れません。
    このサイトを見なければ母がインフルエンザかもしれないということも気づかなかったかも知れません。
    今後の対応に、参考にさせていただきます。

  3. いわゆう より:

    中学校で昨年までは許可されていた冬場の水筒持参が禁止され、娘が困っています。

    乾燥対策としてや、緑茶や紅茶で殺菌やミネラルを期待でき、インフルエンザ予防にも有効ということで、我が家では毎年持参させていました。受験の年にいきなり禁止されて面食らっています。

    • 管理人 より:

      いわゆう さん。
      コメントありがとうございます。

      水筒が禁止ですか…

      学校内に自動販売機はあっても
      毎日、買うのはお金がかかっちゃうし。

      学校生活自体が風邪や
      インフルエンザが流行りやすい環境なので
      受験生なら特に持参させてあげたいですよね。

      禁止なんてことがあるのは驚きました。。
      それは困りましたね。

コメントを残す

このページの先頭へ