夏バテで寝れない!寝不足を解決するための真夏の睡眠不足ケア

夏バテ睡眠

  • 暑すぎて眠れない日が続く
  • 寝れないから疲れが取れない
  • 睡眠時間がどんどん短くなってだるい

 

毎年来る暑~い夏。

上手に対策しないと睡眠不足不眠が原因で
夏バテの症状も悪化してしまいます(>_<)

 

この記事は『夏バテと睡眠』について。

眠気があっても暑くてイライラ
そんな時になぜ体調を崩すのか?
睡眠と夏バテの関係を探っていきます。

 

クーラー病にならない正しい冷房の使い方や
夏バテを予防・解消する熟睡のコツなど

疲れた体を回復させる為の
今日からできる睡眠方法をまとめました。

 

真夏の7月、8月は当たり前として
6月や9月でもやって効果があります。

一緒に今年の夏バテを克服しませんか?(^^)

スポンサーリンク

夏バテと睡眠の関係~間違った睡眠は熱中症の原因~

 

なぜ私が夏バテ撃退に
睡眠が大切だと思っているのか?

それは睡眠と夏バテが
お互いに影響しあうからです。

 

まず真夏に寝れない日が続くと
自律神経が乱れやすくなります

これは不眠症になったり疲れが取れなくなり
そこから夏バテが発症、悪化して
余計に寝れなくなるという悪循環に。

 

また正しい睡眠が出来ずに
そのまま体が弱り続けると
自宅で熱中症にかかるリスクもあります。

最近は外と同じくらい家の中で
熱中症を発症するケースが多いので
どうやって寝るか?睡眠はすごく大事。

 

楽しい夏にするには睡眠を見直し
夏バテをブロックして熱中症を防ぐこと。

そこで睡眠を寝やすくする為の方法と
寝つきをよくする為の方法の
2つの視点から見ていきますね。

 

  • ぐっすり寝れないか?
  • なかなか寝付けないか?

あなたの睡眠の悩みに沿って
読み進めていってください。

スポンサーリンク

寝やすい寝室を作って熟睡して夏バテ対策!

 

まずは寝やすい環境を作ることで
途中で目が覚めたり
眠りが浅くなるのを防ぎます。

真夏の睡眠対策というと
一番に挙がるのは温度ですよね。

その辺りについても
私が効果を実感してる案を話しますね(^^)

 

夏バテ予防の寝室は室温と湿度を徹底する

 

何をおいても室温の設定は大事。

暑いと問答無用で寝れないし
さっき言ったように熱中症になりかねません。

 

ここで重要なのは冷房をきかせすぎない事。
クーラー病って知ってますか?

冷房が効き過ぎた室内と
屋外や廊下などの温度差で自律神経が乱れて
身体の不調や夏バテの原因になるんです。

 

なので冷房はやりすぎないこと。
それを踏まえて熱帯夜を乗りきれる温度に設定します。

一般的には26度から28度を選んで
厚さが深いにならないようにします。

 

あとオススメなのは除湿ですね。

湿度が下がるだけで体感温度も下がるので
寝室が快適になります(^^)

 

エアコンの除湿機能
換気をして風を通したり扇風機を回したり
吸湿性や放湿性の高いシーツにするのも良いですよ。

冷房だけで解決させようとしないで
除湿も合わせて体に優しい涼しい部屋にしましょう。

 

寝る前に水分補給を!飲み物で水分不足を防ぐ

 

あと寝てる時に体調を崩さない様に
あらかじめ水分補給をしておきましょう。

 

人は寝てる間にコップ1杯の汗を出す

…というのは一般論であって
真夏はそれよりも多いんじゃないでしょうか?

寝てる間は何も飲めないので
夏バテ対策として飲み物を飲みます。

 

避けるのはアルコールカフェイン

カフェインは目を覚ましますし
利尿作用があるので逆効果

お茶にもカフェインは含まれてるので
紅茶や緑茶も飲まない方が良いですよ。

あとビールやワインなどのお酒も
寝つきを一瞬はよくするけど
その後、深い睡眠は訪れません。

 

オススメのドリンクとしてはお茶なら麦茶
それ以外なら寝つきが良くなる牛乳とかですね(^^)

麦茶は常温、牛乳はホットミルクにすると
胃腸にも優しい温度で水分を取り入れられます。

 

あと万が一として
枕の横にペットボトルを置くのもオススメ

常温の水やお茶を入れて
温度を保つペットボトルホルダーを買って
それに入れておくといいです。

(100均に売ってます)

暑いと自然に汗をかくので
それに上手く対応してあげましょう。

 

より詳しく夏に間違った水分補給や
正しい水分の摂り方については

次の機会にお話ししてますので
そちらを参考にしてください↓

記事:夏バテの時の正しい水分の補給方法

 

夏バテ予防で疲れを残さない!熟睡する3つコツ

夏バテで睡眠

次は真夏の暑い日でも
自然に眠気がくるようなコツ。

寝付きをよくする方法を紹介しますね。

 

睡眠薬や漢方など何かに頼るのではなく
あくまで自然に眠れるような方法。

それは脳に『もう寝る時間だよ』と教えてあげる事です。

言葉にしても脳には届かないので
次の3つの方法でメッセージを送るといいです。

 

① 光の量をコントロール!徐々に目に入る光を減らす

 

『寝る時間だよ』と教える
一つ目のメッセージは

寝る時間が近づくにつれ
徐々に光の量を減らしていきます

 

【例えばこんな感じ】

  1. 夕食後に部屋の明かりを一つ暗くする
  2. スマホの液晶を暗くする
  3. お風呂で浸かってる時は目をつぶる
  4. お風呂上がりから寝るまでは豆電球
  5. パソコンはブルーライトの眼鏡を使う
  6. 寝るときは真っ暗にする

 

たまに真っ暗だと寝れないタイプがいますが
明かりがついてると熟睡度は下がります。

タイマー式にして
寝てるときに真っ暗にするといいですよ。

 

② 体温のコントロール!体を冷まして冬眠のしらせ?

 

二つ目の方法は体温

人は寝るときに少し体温がさがるんですね。
これを利用して、わざと体温を低くすることで
寝る時間だと脳にメッセージを送ります

 

コツはお風呂とストレッチですね。

お風呂に入ると体温が上がるので
そのあと、自然に体温が下がります。

入浴後、1時間で眠気がくることが多いので
寝たい時間から逆算してお風呂に入ります。

 

ストレッチも同じですね。

過度な運動は体を起こしますが
ストレッチやマッサージはリラックス効果あり。

体を温めてから徐々に体温が元に戻ることで
その後、徐々に眠気がやってきます。

 

③ 呼吸のコントロール。寝てるときの呼吸を真似る

 

最後は呼吸

何気なくしてる呼吸を意識的にすることで
寝付きをよくする方法です。

 

人は寝るときは起きている時と比べ
ゆっくり息を吸い息を吐く。

なので息を意識的にゆっくりすることで
脳に『寝る時間だよ』と教えることができます

 

特にオススメなのは478呼吸法というもの。

1分で眠りにつけると評判の
マインドフルネス呼吸法です。

【478呼吸法のやり方】

  1. 口を閉じて4秒数えながら鼻から息を吸う
  2. 息を7秒止める
  3. 8秒を数えながら口から息を吐く

 

本当にスッと眠りやすくなるので
1回、試しにやってみては?

寝付きが良くなると少ない時間でも
睡眠時間を確保できますし
疲労回復にもつながります。

 

また夏バテの解消法や
効果的なツボについても
読んでみると役立つと思います↓

記事:夏バテ解消に効果的な3つの方法!
記事:夏に弱い人は試したいツボの場所

 

 

夏は特に眠れない時期。

寝室と体温、光の量をコントロールして
少しでもグッスリ眠って
疲れにくい体になるよう工夫しましょ(^^)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ