知恩院の紅葉は何月が見頃?ライトアップ時間と混雑状況も注意!

八坂神社の紅葉

京都の八坂神社の周辺の紅葉が綺麗。

 

お参りに行く八坂神社に行くと
左手に見える風景が紅葉でキレイなんです。

ブラッと行ってみると
そこは有名で歴史ある
知恩院という場所なんだとか。

紅葉のスポットだということで
1週してイロハモミジを楽しんでしまいました。

 

今回は『知恩院の紅葉』

阪急電車や地下鉄から徒歩で行けるので
手軽に紅葉を楽しむことが出来てオススメ!

ぜひ候補の一つに入れてください(>_<)

 

私が実際に行った感想や見どころ
ライトアップの空いてる時間帯などを
あなただけにお話しします(^^)

スポンサーリンク

知恩院へのアクセスや周辺地図を確認!駐車場ってある?

 

まず知恩院の場所を
もう少し詳しく説明しますね。

行き方はさっきも言った通り河原町
最寄り駅の祇園四条駅を出て徒歩10分ほど。

JR京都駅からはバスで
『知恩院前』があるので便利。

 

駐車場は場所はあるのですが
知恩院の公式HPによると

『自家用車ではなく交通機関でお越しを』
と書かれていました。

特に秋は人が多いので
車は控えた方が良いようです。

河原町のビルには美味しいカフェや
パンケーキの店もあるので帰りは歩きながら
そういったオシャレなお店で一服するのがオススメ♪

 

もちろん知恩院からバスで下って
清水寺へ行くのもアリです。

利便性があるのも
知恩院の良いところですね。
(外国人観光客は多いですが…)

 

知恩院の紅葉の見頃は何月?紅葉の美しさと混雑具合

京都の紅葉の見頃

では紅葉のピークはいつか?

紅葉自体が綺麗な時期は
毎年、11月の下旬になります。

ただ、ここでネックになるのは混雑

 

高台寺や永観堂と比べれば
混み具合は優しいものですが

ライトアップと重なる時期は
知恩院もけっこう混みます(;^ω^)

 

ライトップ開始から少し遅れて
散る寸前に行くのがベストですが
天候で微妙な日程は組みづらい。

いつまでかは断言できないので
混むのが嫌なら11月の中旬に行って

紅葉のピーク一歩手前を狙うことを
個人的にはオススメしています。

スポンサーリンク

実際に行った感想と撮った紅葉の写真を公開します!

 

…ということで私はピークより早めの
11月中旬に行ってきました。

その時の写真はコチラ↓
(2016年の11月中旬のものです)

%e7%9f%a5%e6%81%a9%e9%99%a2%e3%81%ae%e7%b4%85%e8%91%89

 

16時ごろは人も少なくて
名所と言われるところも
ストレスなく回れましたよ

子供を連れて行っても
この時間帯なら大丈夫ですね。

 

30分もあればくるっと回れるし
他の超人気の紅葉スポットと比べると
お手軽さはピカイチでした。

ただ登るのがキツイ。苦笑
男坂は息を切らしてしまうので
右にある女坂から階段を上がりましょう。

 

個人的に気に入った場所は友禅苑
入口を絵の額縁みたいにして
紅葉を見れるのがロマンチックでした。

あとは女坂もキレイでしたよ。
ライトップ時は光が当たって
もっと映えるらしいのでオススメ。

 

知恩院のライトアップ情報を確認!オススメの時間帯とスポット

紅葉について調べものをする

知恩院のライトップの
基本的な情報はコチラ↓

【基本情報】

  • 期間…11月3日(木・祝)~12月4日(日)
  • 時間…17:30~21:30(21:00受付終了)
  • 拝観料…大人800円(高校生以上),小人400円(小・中学生)
  • 場所…友禅苑、三門、宝佛殿、女坂

 

さっきも言った通り
ライトアップのおすすめ一つ目は女坂

もう一つは三門というスポットですね。

高さ24mの大きい門を光で照らすので
紅葉とセットで見ると美しいです。
(夜はデートに最適)

 

空いてる時間帯は20時以降。
受付が終わる前に行くと
混雑に巻き込まれることが少ないです。

日程も早めに行けば
1週をスラッと歩けます。

 

11月下旬で夜間の
ライトアップ開始時は激混みだけど
それ以外に行けば大丈夫。

清水寺や高台寺と比べると
紅葉をゆっくり楽しめます

 

またそういった定番のスポットと近い場所なので
『ついで』で行けるのも魅力ですよね(*´ω`*)

記事:京都の紅葉の名所10選
記事:清水寺の紅葉がヤバい!見頃と混雑具合【動画付き】
記事:高台寺の紅葉ライトアップとおすすめのコース

 

 

今回は知恩院について
紅葉の見頃と
ライトアップ情報をお話ししました。

駅から近いので
何かのついででも楽しめる
気軽に行ける紅葉スポットですよ!

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ