お年玉は社会人でも高卒(19歳)や社会人一年目なら渡すべき?

お年玉 社会人

社会人には、さすがにお年玉はあげないよね?

 

そう思っていたけど、
ネットで調べてたら

社会人になっても
親戚から貰うという声が!

 

どういう時に渡さないといけないの?

両親が親ばかってわけでもない
納得のいく渡すケースを集めてみた。

もしかしたら必要になるから
お正月に親戚で集まる際には
封と予備のお金を用意しましょう!

 

 

こんにちは!
サイトへの訪問、
ありがとうございます。

先日、いとこが無事
高校を卒業して

営業(補佐,見習い)の
仕事に就職しました。

 

まだまだ本格的な
売り込みはしていないそうですが

まあ社会人の第一歩を踏み出したことは
いとこの小さいころを知っている渡しにとって

とても新鮮な気持ちになりました(´・ω・`)
(年取ったなぁとも思いましたけど…)

 

その後、正月に親戚一同で会う時に
甥や姪へのお年玉を準備していると
ふと母が私に言いました。

「いとこにはあげなくていいのかなぁ?」

 

私は「社会人だからいらないでしょ」と
でも母は「でも18歳で未成年だし。」

こんな状況に陥ってしまい結局
ネットで調べてみることに。。
そしてその内容をまとめて記事にしてみました。

 

今回のテーマは【社会人とお年玉】

  • あげたほうがいいのか?必要ないのか?
  • 渡すなら相場はいくらか?

 

↑この辺りを中心に書いています。

同じような境遇の方は
参考にしてください♪

スポンサーリンク

社会心の親戚にもお年玉を渡すパターンは?

 

ネットでカタカタ検索していると
「渡したほうがいいんじゃない?」といえる

そんな状況が
いくつかあったので挙げてみます。

当てはまったら年末にお金の準備は
しておいたほうがいいですよ(^^)

 

ケース① 大学生の子どもと社会人の甥の場合。

 

まず1つ目のケースは、
あなたの子供が大学生だった時に
相手からお年玉をもらっていた場合。

 

このケースでは自分の子供が
もらっていた年齢まで

相手が働いていても
関係なくお年玉を渡すべきです。

お年玉というより
「お返し」といった方がしっくりきますが
これで渡さなかったらマナー違反でしょう。

 

ケース② 相手が未成年の場合

 

2つ目のケースは相手が
未成年(18歳、19歳)の時。

これは親戚間によって
いろいろと変わってくるようです。

 

親戚間で高校卒業しても、働いていても
「未成年=子供」という決まりでお年玉を
成人式の年まで渡しあうことがあるようです。

まあこうなってくると
世間の一般的な声は意味がなく

親戚間のルールに
身を委ねることが先決ですね。

 

ケース③ めったに会わない場合

 

これが一番多い理由ですが
お正月くらいしか会わないという場合は
お年玉をあげることがあるんだとか。

卒業祝いも入学祝いもお年玉も
毎年渡していたわけではない。。

 

それくらいしか会う頻度が少ないと
ついつい「渡しておいたほうが無難?」
気を遣ってしまうんだとか。

確かに気持ちはわかります(^_^;)
相手も同じくらい気を使っているので

こうなってくると探り合い、
空気の読み合いになりますね。笑

スポンサーリンク

結論。大切なのはお金よりも…

 

結論としては「原則、渡す必要はない」

そもそもお年玉は高校生までなので
社会人になっても渡すのは甘えに繋がる!

 

・・・でも、相手の家系から
自分の子供がもらっていたり

親戚間で未成年の間は渡す
という暗黙の了解があったり

めったに会わなくて
これまで渡していなかったり

 

こんな特別な関係の時は
お正月に、こっそり予備のお金と封をもって
備えておいたほうがいいでしょう。

相場としては1万円が妥当です。
それより安ければ渡す必要はないです。
(相手も社会人なのでね)

 

大切なのは「相手との距離」
「気持ちがあるかどうか」

渡して感謝を受け取る。
受け取って感謝する。

この前提があるからこそ社会人になっても
お年玉を渡す場合がある(´・ω・`)

 

親戚間でバリっと関係にヒビが入らないよう
前もって準備だけでもしておいたほうが

安心して過ごせますし
バタバタせずに済みます。

 

私達も結局は準備はするけど
渡すかどうかは当日きめることに。

まあ年末に少し多めに銀行から
下ろしておけば問題もないので
これで安心です(^^)

 

次は小学生、中学生、高校生、大学生と
年代別に、お年玉の平均額を見てみました!

あとは、この時期に必見の
インフルエンザの初期症状と予防法も
合わせて読んでみてください↓

記事:お年玉の平均額を年代別に!【小学生~大学生】
記事:子供に多いインフルエンザの症状の特徴とは?
記事:インフルエンザの感染率を下げる方法

 

あなたも私と同じように
準備だけでもしていては?

一緒にお正月を楽しみましょう♪

ではまた(・ω<)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ