二条城の紅葉へ!2018年の見ごろの時期と混雑状況【写真付】

二条城

二条城の紅葉ってどんな感じ?

京都の紅葉狩りをしたい時が
どこの場所に行くかが大事。

なるべく綺麗でなるべく空いてて
ゆっくり紅葉を眺められる所が良いですよね?

 

今回、私が行ったのは二条城。

観光名所でもある二条城の紅葉を見に行き
「いつが見頃か?」
「おすすめの場所はどこか?」
この2つについて調べてきました。

 

あなたの役に立つ情報が
一つでもあれば嬉しいです。

ではまず二条城の基本情報や
京都の一般的な紅葉の見ごろから見ていきます。

スポンサーリンク

二条城の紅葉は11月中旬が見ごろ!混雑もなくストレス0!

 

京都の全体的な紅葉の見頃としては
11月中旬から12月上旬と言われています。

これは二条城も例外ではなく
『京都の紅葉おすすめ』関連の本でも
11月中旬から12月上旬と書かれていました。

 

私もこれを参考にして
今年は11月22日に行ってみることに!

その時の紅葉の様子を
写真付きでお話ししますね(^^)

 

実際に行ってみた!紅葉の状況と混雑具合の写真【11月下旬】

ここでは実際に私が撮った写真を元に
当日のコースを紹介していきます。

去年の11月下旬に撮影した紅葉は
このようになっていました↓

二条城の紅葉

紅葉でも色が違っていて
カエデだったり、ツツジだったり
イチョウが多かった印象が残っています。

実際にぶらっと散歩して
かかった所要時間は1時間程度

お城の中の滞在時間は30分くらい。
(御殿内部では撮影禁止になってました。)

 

今年は二条城の入り口のところに
大きなカバーがかかっていて

ムードも雰囲気もブチ壊しでしたが
中には言ってみると普通に紅葉が楽しめましたよ。

 

混雑具合に関しても、
ストレスはありません。

もちろん他のお客も
たくさん紅葉を見に来ています。

でも清水寺などのように大混雑で
自分のペースで歩けないなんてことはありません。

スポンサーリンク

二条城の紅葉で見どころは庭園!特に二の丸庭園や清流園がオススメ!

見どころは何といっても庭園ですね。

紅葉とマッチしているので
風情を感じることが出来ました。

 

特に重要文化財の二の丸庭園とか
あと清流園も魅力がまんさいでしたね。

見学のポイントとして庭園は外せない。
…というのが私の印象です。

YouTubeにとてもキレイに
動画を撮っていた方がいたので
参考に載せておきます↓↓

 

ライトアップはなし!二条城の秋の夜間拝観もない

パソコンで調べる

他の京都の紅葉スポットでは
ライトアップがとても有名ですよね?

3dマッピングがあったり
プロジェクションマッピング
人気を集めている場所もあります。

 

ただ二条城に関しては紅葉のライトアップはなし。
今年は桜が咲く時期にありましたが
紅葉の季節ではありません

ライトアップを楽しみたい方は
清水寺や高台寺に行きましょう。

記事:清水寺のライトアップ情報はこちら

 

二条城はアクセスが便利!阪急電車やバス停からすぐ!

二条城のメリットの一つは交通の便でした。
私は電車で行ったのですが超快適。
清水寺と違ってスムーズに行けました(笑)

 

最寄り駅は地下鉄東西線だと二条城前
JR京都駅からは烏丸線で烏丸御池駅
阪急だと烏丸駅になります。

烏丸からは少し距離がありましたが
歩けないこともなかったです。
(時間は徒歩20分弱)

二条城

二条城は駐車場もあるので車でもOK。
公式HPには料金も載っていました。

  • 乗用車…2時間まで800円(以降1時間ごと200円)
  • 小型・大型二輪…2時間まで400円
  • 自転車…2時間まで200円

 

拝観料(入場料)は一般で600円
(中高生は350円、小学生は200円)になります。

こうやって基本情報を見ていると
11月の内に行っておいた方が良い気がしませんか?

 

二条城の近くにも”おすすめ紅葉スポット”が充実

高円寺

今回は二条城の紅葉について
実際に行った感想をふまえてお話をしました。

二条城は電車やバスを上手く使えば
他の紅葉スポットも同日に楽しめます。

 

周辺の紅葉も見逃さない様にして
一年に一度のこの季節の堪能しませんか?

記事:京都の紅葉の名所!定番から穴場まで10選
記事:高台寺なら昼でも紅葉が楽しめた!
記事:知恩院の苑が紅葉でキレイだった件!

 

二条城だけいくのは勿体ないです。
地下鉄とバスを活用して
他の場所も行く方が効率がいいですよ。

ではまた次の記事でおあいしましょう。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ