東福寺の紅葉は混雑ある?12月の混み具合と周り方のコツ【写真付き】

東福寺の紅葉

四条から近い場所で
混雑が少な目な紅葉スポットはないかな?

そう思いながら見つけたのが
東福寺(読み方とうふくじ)でした。

 

もともと京都の紅葉名所の一つですが
綾瀬はるかさん主演の本能寺ホテル

Message from Japanの撮影のロケ地として
大野智さんがきたことでさらに人気に!

 

今回はそんな東福寺の紅葉を見に
12月上旬に訪れた様子を伝えます。

東福寺の紅葉狩りルート楽しみ方
このブログに写真を添えてお話しますね。

スポンサーリンク

【感想】12月に東福寺の紅葉を散策!~おすすめ場所の写真を載せて~

私は最寄り駅である京阪”東福寺駅”から
徒歩で東福寺に登っていきました。

少しなだらかな坂を登り東福寺へ。

そこで前に現れたのが臥雲橋で
なんとこの橋から見える紅葉はタダでした!

 

臥雲橋の紅葉は無料なのがポイント!散歩コースにもなる

この臥雲橋は通るだけなら無料です。

なので、ここから見える紅葉を楽しむのも
お金は一切かかりません。

こちらが臥雲橋から見える紅葉の様子になります↓

臥雲橋の紅葉

拝観料がかからずに、
ここまでの景色を見れるなんて得した気分ですよね♪

ここからさらに先に進むと
東福寺の受付がありました。

『混んでるかな…』と不安でしたが
12月上旬だと混雑はありませんでしたよ。

 

“枯葉もみじ”がお出迎え!受付の待ち時間0分で行列ナシ!

受付で入場料400円を払い
パンフレットをもらって中へ。

入り口付近は人が少し多かったけど
受付は行列もなく
待ち時間も0分で中に入れました♪

こちらが受付でもらう
パンフレットの案内図になります↓

東福寺のパンフレット

 

そして入り口を通ると
すぐに紅葉がお出迎え!

これがお寺の入口付近の紅葉です↓

東福寺の枯葉もみじ

12月上旬なので
紅葉の見頃なのは知っていましたが
見どころは”枯葉もみじ“でした。

11月中は紅葉が満開だと思いますが
少しズラして拝観すると
地面にも紅葉が敷き詰められているんですよね

これが12月に紅葉スポットを巡る魅力の一つです。

 

さらに先に進むと渡り廊下からの紅葉や庭園もある!

入口の枯葉もみじから
さらに奥に進むと回廊があります。

その渡り廊下から見える
一面に広がる紅葉もステキでした♪

東福寺の渡り廊下の紅葉

さらに奥に進むと開山堂の普門院
ここには紅葉はありませんが別の見どころ。

それがキレイに整備された庭になります↓

東福寺の開山堂の普門院

ここで腰を下ろして休憩する人もいましたね。
のんびりと眺められる観光スポットでした。

そこから少し下ると次は愛染堂が!
紅葉のもみじと色がマッチしていますよね~↓

東福寺の愛染堂

このように紅葉を見るというより
紅葉に囲まれた空間を
グルっと1周回るという感覚でした。

画像だけでは物足りないので
YouTube動画も載せておきます。

滞在時間は30分くらいですね。

普門院で休憩を挟むと
もう少し時間がかかるかもしれません。

 

補足① 東福寺の本坊庭園も見る価値あり!作り込まれた石庭がある

こちらは紅葉は少な目ですが
せっかく来たのなら東福寺の庭園もオススメ

北庭や西庭は市松模様が描かれ
東庭も砂紋でキレイな模様を見ることができます。

紅葉とは少し違いますが
こちらも気になったらぜひ足を運んでみては?

(拝観料が別にかかるのが玉にキズ)

 

補足② 東福寺には夜のライトアップはなし!塔頭には夜間拝観がある

あと勘違いされる方が多いのですが
東福寺にはライトアップはありません

残念ですが夜間拝観をしていないのが現実です。

 

どうしても東福寺周辺で
ライトアップされた紅葉を見たいなら

東福寺の塔頭である勝林寺
東福寺の北にある泉涌寺の塔頭”雲龍院“に行きましょう。

 

ただライトアップの見ごたえに関しては
清水寺や高台寺のほうが見ごたえがあります。

(こちらは凄い混んでますけどね…)

なので私は”昼は東福寺、夜は別の場所”と
分けて見た方が満足度が高いと思います。

スポンサーリンク

【総評】12月の東福寺は穴場!見ごろの時期や空いてる時間帯に行く方法

実際に行ってみて気づいたこと。

それは東福寺は人気だけど
他の有名な紅葉スポットより
混雑がない穴場だということです。

通天もみじと言われる三葉楓を楽しめしたし
混みながらイライラして紅葉を見ることもなく
とても良い気分で拝観することができました。

 

日本人のお客は20代と50代の家族連れや
小さい子供と一緒の子連れが多く
デートコースとしては使われていない様子。

(周辺でデートスポットがないから?)

 

海外の観光客は家族やカップルはいましたが
清水寺に比べると格段に少なかったです。

なので“ゆっくり歩いて紅葉を味わいたい”
という人向けの場所です。

 

もし東福寺に行くなら
気をつけたいのが2つ。

それが紅葉の見ごろ
空いてる時間帯の狙い方です。

 

紅葉の状況をリアルタイムで把握!Twitterとインスタで現状がわかる

例年どおりなら11月下旬が紅葉の見ごろ。
12月に入ると枯葉もみじとなり
その後は一気に紅葉が散ってしまいます。

ただこれも前年度までの話。
今年がどうなるかは天気に左右されます

雨が多ければ12月に行ったら
紅葉に間に合わない可能性もある。

 

そこで確実に見に行きたいなら
SNSを使って紅葉の様子を調べましょう

ハッシュタグをつけて『#東福寺』と検索すれば
画像をアップしてるツイートを見ることができます。

そのときの紅葉の様子から
自分が行く日の紅葉の様子を予想できますよ。

 

最も空いてるのは何時?平日で朝一の時間帯がベスト

私は東福寺に関しては
混雑のストレスを感じずに
紅葉を楽しむことができました。

ただそれは空いてる時間帯を狙ったから
私が行ったのは平日だったんです。

しかも当日は少し天気が悪く
雨が降りそうな日だったこともあり
例年より空いていたと思います。

 

このように観光スポットは一般的に
『休日より平日、昼より朝』が空いています

それは東福寺でも同じ。
混んでるのが嫌なら平日か休日の午前中。

少しの人込みが嫌いなら
平日の開門一番の早朝しかありません。

 

所要時間やトイレ、撮影禁止の撮り方を覚えておくと便利

知っておくと便利なことが3つあります。
1つ目は東福寺の紅葉を見るのにかかる時間について。

先ほども言った通り
庭園の観光時間は通常など30分から40分ほど。

 

ただ拝観時間だけでなく
駅から歩いた時間、駅まで帰る時間を含めると
多めにスケジュールは2時間とっておきましょう

なので荷物を持ってるなら
長時間、歩くことになるので
コインロッカーを活用した方が楽ですね。

(JR東福寺駅にいくつかありました)

 

2つ目はトイレについて。
受付を通った後のトイレは
入口の左手に一つだけでした。

(しかもあまりキレイじゃなかった)

もちろん庭園以外にはトイレはあるので
庭園に入る前には一度、用を足した方がいいです。

 

3つ目は拝観する上でのルールについて。
東福寺の門前にこのように注意書きがありました。

東福寺の境内や参道の注意事項

三脚で撮影するのは
他の人の迷惑になるのでダメ。
犬などペット連れで散歩するのもダメ。

用は周囲の人の迷惑になるものは
避けましょうということですね。

 

東福寺周辺のランチにはハンバーガーやラーメンが!カフェなら河原町へ!

ラーメンファクトリー

東福寺を歩き回っていると
当然、お腹も減ってしまいます。

こんなときには東福寺周辺にある
昼ごはんが食べることができるお店に入りましょう。

 

例えば上の写真に写っている
ラーメン屋の”ラーメンファクトリー”

ここは自分で作ったラーメンを自分で食べられる
少し変わったラーメン屋になります。

参考⇒ラーメンファクトリーの公式HPはコチラ

 

あとドラゴンバーガーという
ハンバーガー屋さんも東福寺駅近くにありましたよ。

参考⇒食べログで口コミやメニューを見るならコチラ

 

せっかく京都に来たのだから
京料理が食べたいという場合は
栗棘庵にある高澤が東福寺の近くにあります。

参考⇒高澤のメニューや評判を食べログで見るならコチラ

 

ただ和のデザートやスイーツ、
和菓子など甘味が食べたいなら
京都駅や河原町の方がお店がたくさんあります

レストランや居酒屋も四条の方が多いですね。

このように食べたい料理によっては
東福寺駅周辺よりも
河原町方面の方が候補がたくさん出てきます。

 

東福寺の住所(場所)やアクセスを確認!拝観料や開門時間などの基本情報も!

最後は東福寺の基本情報を
サラッと見ていきましょう。

【東福寺の基本情報】

  • 住所〒605-0981 京都府京都市東山区本町15−778
  • 拝観料 大人400円 小中学生300円
  • 秋の特別拝観期間2017年 11月1日(水)~12月3日(日)
    (2018年は公表され次第、追記します)
  • 開門時間 8:30
  • 閉館時間 16:00
  • 休み 特別拝観の期間はなし

 

また東福寺に行くには
様々なアクセスがあります。

 

東福寺へのアクセスを地図でチェック!バスや電車でGO!

周辺の場所と一緒に
Googleマップで見てみましょう。

【電車やバスでのアクセス方法】

■ 電車

  • 京阪の東福寺駅から徒歩10分
  • 京阪の鳥羽街道から徒歩8分
  • JR奈良線の東福寺から徒歩10分

■ バス

  • 京都駅の市バス88系統,208系統でバス停『東福寺』へ
  • 四条河原町の市バス207系統でバス停『東福寺』へ
    (バス停『東福寺』からは徒歩4分で到着)

 

阪急だと京阪に乗り換える必要があります。

それに駅からだと少し歩くので
それが嫌ならバスを活用しましょう

 

【注意】駐車場はあるが特別拝観の時期は渋滞を懸念して利用できない

東福寺には駐車場があります。

ただ秋の特別拝観期間中は
駐車場は閉鎖されているので使えません

 

NAVITIMEで検索すると
周辺にいくつかパーキングはあります。

ですがどこも5台~10台しか入らないので
満車リスクが高いのが現状
自家用車でのアクセスはおすすめできません。

 

駐輪場はあるので
バイクや自転車なら停められます。

通常の時期は日下門にありますが
紅葉の時期は混むので別場所に設置されていました↓

 

ちなみに私は電車で行って
何も不自由を感じませんでした。

なので特別な理由がなければ
交通機関を使いましょう。

 

京都の紅葉を攻略!東福寺近くには”伏見稲荷”や”清水寺”なども!

せっかく京都まで行くのなら
他の観光スポットも楽しまなきゃ損。

例えば東福寺周辺には
縁結びのご利益があると言われている
パワースポットの泉涌寺があります。

 

電車で南に下りれば伏見稲荷
京阪から祇園四条に上がれば知恩院など。
祇園五条なら世界遺産の清水寺も見に行けます。

このように東福寺だけ行くのではなく
複数の観光場所を巡るのがオススメ。

 

こちらに他の紅葉スポットを載せておきますね↓↓

参考⇒京都の紅葉10選!名所や穴場のおすすめスポット
参考⇒南禅寺は混雑も少な目!紅葉の見ごろと歩き方
参考⇒紅葉の名所”清水寺”を見る!ライトアップ情報はコチラ

 

今回は東福寺の歩き方や
12月の紅葉の様子を写真を添えてお話しました。

何か少しでも
あなたのお役にたったのなら嬉しいです。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ