子供の夏バテ症状って?子どもの吐き気や熱、腹痛への対処法

子供の夏バテの症状

最近、うちの子が元気なくて…

 

食欲が無い、元気が無い
微熱が続いている

子供が暑い季節に
そんな症状が続いているなら
夏バテかもしれません。。

 

今回のテーマは【子供の夏バテ】
この記事を通して、子供の不調に
正しく対応すればすぐに解消される!

大切なのは親御さんが
正しい知識を知っているかどうか。

子供特有の夏バテの症状と
必須の対処法とは?

 

先日、私の姪っ子が
実家に帰ってくるということで
心待ちにしていたんですが

里帰りをキャンセル
理由は姪っ子の体調不良でした。

症状自体は重くなく
ただ、ずーっと元気が
ないんだとか・・・

 

病院の先生の診察だと
「夏バテかもしれない」とのこと。

子供はまだ体が成長過程で
環境の変化にも上手く対応できない
それで夏バテになったのでは?

そう説明を受けたそうです。

 

しょうがないことですが
私は姪っ子に会えずガッカリ(泣)

来年からはしっかり対策をして
しっかり里帰りをしてもらいたい!

そこで私自身も気になる
この記事のテーマは【子どもと夏バテ】

  • 子供の夏バテの症状は?
  • まずすべき対処法!
  • 夏バテの対策(予防法)は?

 

お子さんがいるなら
必読の内容となっています。
では、行ってみましょう!

スポンサーリンク

子供の夏バテの症状!吐き気や食欲不振が多い?

 

「うちの子、夏バテかも?」と思ったら
まずは子供の夏バテの症状と
あなたの子の症状を比較してください。

それで夏バテかどうか?
夏バテの深刻度がわかります。

 

一般的に子供の夏バテの症状は
大人のそれと変わらないのですが

特に子供に多い症状を
挙げていきますね!

【子供に多い夏バテの症状】

  • 疲労感
  • 無気力
  • イライラ
  • 情緒不安定
  • 微熱
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 体重の減少
  • 立ちくらみ
  • めまい
  • 下痢便秘

 

どうですか?当てはまりましたか?
当てはまる項目の多さ、その症状が
日常生活に支障が出てるか?

それらを考慮して夏バテの
深刻度を測ってください。

上の症状の中でも
微熱嘔吐食欲不振)は
特に多いみたいですね。

 

もともと子供は汗を出して
体温調節をする機能が
まだ出来上がってない段階。

さらにコンクリートや建物に
囲まれて熱がこもりやすい環境だと

体温の上昇や吐き気に
影響が出やすいようです。

 

お子さんの症状を確認したところで
次は対処法と対策(予防法)をチェック!

まずは症状別の対処法から
一緒に確認していきましょう。

 

夏バテになった子供への対処法

夏バテの症状は一覧にしましたが
大きくカテゴリーに分けると
下の3つに分類できます。

「メンタル(疲労感,無気力,イライラ)」
「食(吐き気,嘔吐,食欲不振,体重減)」
「自律神経系(発熱,便秘,下痢.めまい)」

この症状によって
対処法が変わってきます。
1つずつ見ていきますね!

 

① メンタル系の症状の対処法

子供にメンタル系の
症状が出る原因は
ペース配分にあります。

 

もともと、子供は環境の変化に
適応するのは大人と比べて苦手。

それは環境に応じて上手く休んだり
適度に休憩をとることができないからです。

暑くても遊びたいし、特に夏休みなら
なおさら外出したいですよね?

 

そうやって体が疲れやすい中で
どんどん体に負荷をかけていく。

すると体が「休みたい」と思って
脳に信号を送って休もうとします。

その休みたいという信号が
無気力や疲労感です。

 

なので子供に夏バテの
メンタル系の症状がある場合

「体を休ませること」
これを再優先してください。

 

子供は思いのままに遊ぶし
感じるままにハシャギがち。

それを上手くコントロールしてあげると
体にも負担がかからなくなり
夏バテの症状もなくなります。

子供の体を休ませること
暑さというストレスから逃すこと。
これが対処法になってきます。

スポンサーリンク

② 「食」関係の症状の対処法

 

「食」への問題の対処法は
「効率的なレシピ」これに尽きます。

食欲が無いからこそ
吐き気があるからこそ
栄養豊富な食事をする。

 

特に大切なのはビタミンとミネラル
これらは食事で摂取するのが前提の栄養素

なのでこれらを多く含む
タンパク質,緑黄色野菜,小魚は必須!

 

ボリュームミーになるので
「夏バテと食事」に関しては
次の記事で詳しく書いています。

そちらをぜひ
参考にしてみてください↓
記事:子供を夏バテから救うレシピ

では次に、自律神経系の
症状への対処法を書いていきますね!

 

③ 自律神経系の症状への対処法

 

自律神経という
言葉を知っていますか?

自律神経とは自分の意志に
関係なく勝手に動く神経のことです。

具体的に言うと消化,汗,排泄
これらを操る神経のこと。

 

子供の夏バテの症状で
めまいや立ちくらみ、熱や
下痢、便秘などが出る場合は

この自律神経が上手く
働いていないことが原因です。

 

例えば,外出して暑い場所から
冷房がきいた室内に入ったり

例えば夜が暑すぎて
寝付きが悪くなったり

例えば冷たいものばかりを飲んで
消化の働きの邪魔をしたり

 

このように夏が暑いと
自律神経が乱れる原因
たっくさんあります。

なのでこの自律神経の
働きを正しくすること
これが対処法になりますね。

効果的な対処法を
下に挙げておきます。

【自律神経を正す生活】

  • 早寝早起き
  • 朝日を浴びる
  • 寝る2時間前のパソコンは禁止
  • ご飯は決まった時間に食べる
  • 昼に体を動かす(無理の無い範囲で)
  • 室内の冷房はかけ過ぎない
  • 夜もゆるい冷房か除湿をする
  • たくさん笑う
  • 映画や本を見て泣く

 

これらの中で続けられるものを選んで
家族、皆で実践するといいですね。
(大人も自律神経の働きが鈍ってるので)

 

このように、子供が夏バテになった時の
対処法は症状によって変わってきます。

お子さんの様子を見て判断し
最適な対処をしてあげましょう!

 

では、次は予防(対策)について!
これ以上、ひどくならないように
また症状がぶり返さないための方法です。

 

 

他に暑い時期に生活の中でケア出来ること

 

先ほどの3つには当てはまらないけど
夏バテを乗り切る上で大事なことがあります。

それを最後に載せておきます(^^)

【生活で出来る夏バテ対策】

  • 冷房の温度を28度に設定
  • 外出先では冷房対策で上着を用意
  • 冷たすぎる飲み物はNG
  • 酸っぱいもの、辛いものを上手に食べる
  • お風呂はゆっくり入る(汗をかく)
  • 適度な運動
  • 運動時はスポーツドリンク
  • 運動前は炭水化物

 

全てをやる必要はありません。
全てやろうとすると、あなた自身が
疲れてしまう危険があります(^_^;)

今までの生活で意識してなかったこと
自分の子供に影響が強そうなもの
これらを考えながら対策を実践してください!

 

ご飯を食べられない時はどうするの?

 

いかがでしたか?

当サイトでは夏バテに関する情報を
他の記事でも載せています。

そちらもオススメなので
クリックして読んでみてください↓

記事:夏バテでご飯が食べられない時の対処法
記事:夏バテをスッキリ解消させる3つの方法

 

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

ではまた次の記事で
お会いしましょう!

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ