夏バテの原因は水分の摂りすぎ?正しい水分補給”3つのコツ”

夏バテで水を飲む

水分を取っても夏バテになるの?

 

夏バテや熱中症の予防、対策には
水分不足の防止のために
水分補給が必須ですよね?

でももし間違った飲み方をしていたら…
それがあなたの夏バテを悪化させてるかも。

 

今回は『夏バテと水分補給』について。

【トピックス】

  1. 間違った水分補給の典型例
  2. 正しい水分の摂り方3つのポイント

 

体の3分の2を占める水分。
平均1日に2Lほど失われる水分。

夏バテの症状を改善したり
疲れた体を回復するには
どういう風に飲めばいいのか?

それをハッキリさせて
楽しく夏を過ごしましょ(^^)/

スポンサーリンク

余計に疲れる?夏にNGな間違った水分補給

 

まず水分をとるときに
『こんな方法はダメだよ』っていう
間違った補給方法を確認しましょう。

なぜか疲れが取れない
夏バテ対策してるんだけどな…

そんな時に当てはまるケースが多い
間違った水分補給を見ていきますね。

 

一つ目は温度

めちゃくちゃ暑いからといって
キンキンに冷えた冷たいドリンクを飲む。

 

体を冷やしそうで良さそうですが
同時に胃腸など内臓も冷やしてしまいます

胃腸の機能が低下して下痢や胃もたれなど
胃腸の症状が悪化しやすいので注意。

 

もし胃もたれや消化不良など
夏に胃の調子が悪くなるなら
こちらの情報を役立てて解消しましょう↓

記事:夏バテによる胃の不調をケアする方法

 

 

二つ目の間違いはドリンクの種類ですね。
甘いジュース清涼飲料水を飲んでませんか?

多少ならいいのですが
砂糖を摂りすぎると栄養が偏ってしまいます。

 

食欲不振で食べる量が減ってるなら
なおさら『どんな栄養素をとるか』は大事。

それなのに砂糖水ばかり飲んでたら
体内のビタミンやミネラルが消費され
疲れやすい体になってしまいます

 

最後は利尿作用ですね。

コーヒーなどのカフェインや
ビールなどのアルコールは
尿意を刺激してしまいます。

せっかく水分を取っても尿として出る。
これだと喉が渇いてないのに水分不足という
とても怖い状態になっちゃいますよね。

 

  1. 温度
  2. 砂糖の摂りすぎ
  3. 利尿作用の飲み物

 

この3つが間違った水分補給です。

多少なら構わないけど
ガブガブのむと夏バテが酷くなりますよ。

 

この3つは避けるとして
次からは『どういう水分補給がいいか?』

それを一緒に考えていきましょう。

オススメの水分補給も3つあります。
一つずつ見ていきますね(^^)/

スポンサーリンク

水分補給① 蒸し暑い夏には何を飲めばいいの?

一つ目のコツは
何を飲むかを意識する事

さっきみたいに好き嫌いで
ビールやコーヒーを飲むとダメ。

 

「じゃあ水ならいいでしょ?」と言っても
水だけをがぶ飲みし続けるのもアブナイ。

体内の塩分濃度が下がると
体は塩分濃度を保とうとして
これも尿を出して調節しようとします。

水だけも飲み過ぎは効果が薄まるってこと。

 

面倒ですよね?(;´Д`)
じゃあ、何を飲めばいいのでしょうか?

私がいつも自宅に貯めとくのは
スポーツ飲料水ですね。

アクエリアスとかポカリとか
あとクエン酸が入ったタイプも買ってます。

 

それ以外では食事中に味噌汁やスープなど
塩分や栄養がバランスよく入ったものを飲む。

(あと寝る前にホットミルクココア)

  • スポーツ飲料水
  • スープや味噌汁
  • ホットミルクやココア

 

これらの飲み物を中心にして
それにプラスビールやコーヒーなどを
皆と楽しむときに飲むようにしてます。

 

大事なのはバランス。

偏らない様に、飽きない様に
あなたが続けやすい形をとりましょう。

 

またスポーツ飲料水とは違うけど
経口補水液もオススメ。

自分で簡単に作れて
夏バテや熱中症対策になるので
水筒に入れて持ち歩く日もあります。

記事:経口補水液を自宅で作る方法

 

夏バテの水分対策② 一日でどれくらい飲むといい?

水の飲む量

何を飲むかがわかった次は量。
どれくらいを目安にすればいいかです。

コチラも年齢や活動によって変わりますが
平均は1日で1.8~2.0Lと言われています。

 

『えっ!そんな飲むの!』と
驚くかもしれませんが安心して。

この目安は食事中の野菜や
果物に含まれて水分も計算しての量。

 

それに、この目安を信じすぎるのも
私はオススメできません。

(以前、この目安にとらわれて
頑張って水分補給してると
下痢が酷くなった経験があるので…)

 

あくまで数字は目安。
生活の変化はゆっくりの方が体に優しいです。

  • とりあえず今よりも1杯多く飲む。
  • 汗をかいた日は多めに飲む
  • 食事でスープ類を多くする
  • うどんなどレシピも工夫する
  • 果物も食べるようにする

 

このように少しずつの変化から初めて
レシピや果物の力も借りて
飲む量を増やしていきましょう。

つらいのに無理して飲む
…なんてことは辞めましょうね。

 

夏バテ用の水分補給③ ドリンクはいつ飲むのがベスト?

水分補給のタイミング

何を飲むか、どれくらい飲むか

この2つがわかった次はラスト!
「飲み物をいつ飲むか?」です。

 

水分不足になりがちな時間帯は
睡眠時、入浴時、運動時など
知らず知らずに汗をかくとき。

だから目が覚めた時や寝る前
お風呂に入る前や入浴後
そして運動中などに飲むのが良いです。

 

それ以外でも1時間おき
少しだけでも飲むのも効果的。

「喉が渇いた」と感じた時は
体はすでに水分不足なので
その前に飲んでおきたい所ですね(^^)

 

また水分補給以外にも
夏バテを解消する方法があります。

それについては
次の記事で詳しくお話しするので
別の解消法を知りたいならこちらへ↓

記事:辛い夏バテを解消する3つの方法とは?

 

 

今回は夏バテ対策用の水分補給の仕方
これについてお話をしていきました。

 

  1. 何を飲むか?
  2. どれくらい飲むか?
  3. いつ飲むか?

この3つを意識するだけで
暑い暑い夏も体調が整いやすいです。

参考にしてもらえれば嬉しいです。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ