常寂光寺の紅葉は混雑もマシ!見頃の時期と写真を公開中!【2018】

先日、京都の紅葉の中でも
定番スポットと比べて人混みがマシな
常寂光寺の紅葉を見に行ってきました。

常寂光寺といえば黒猫の黒べえ
藤原定家の詩でも別名”軒端”とし有名で
一度は見に行きたいお寺ですよね?

 

夏の盆梅展の時期に行くか迷いましたが
紅葉シーズンに合わせておじゃましました。

12月上旬の紅葉の様子や見所
周辺のグルメ情報やライトアップ期間など
常寂光寺を楽しみきる情報をお話ししますね。

スポンサーリンク

混雑は竹林まで!常寂光寺の紅葉はゆっくり見れて景色も最高♪

 

私が常寂光寺を拝観したのは12月。
阪急嵐山駅から竹林を歩いて向かいました。

常寂光寺自体は空いていたのですが
やはり嵐山駅から徒歩となると
渡月橋や竹林周辺は混んでましたね

一般の方が写らないように撮りましたが
写真の下は日本人&外国人観光客、人力車で混みあい
サクサクと歩くことはできませんでした。

12月でこのくらい混んでるので
紅葉で一番人が多い11月下旬とかだと、
この状態よりもさらに混雑が予想されます。
(まあ、それでも清水寺とかよりはマシですけどね。)

 

多少の混雑はありましたが
嵯峨公園を通り竹林を抜けると

そこからは一気に人が少なくなり
スムーズに歩けるようになりました。

そこからまっすぐ道を歩くと
常寂光寺の入り口に到着♪

常寂光寺の境内は初めてでしたが
けっこう広くて歩きがいがありました!

公式HPに境内のマップがあったので
その境内図を載せておきますね↓↓

参考⇒公式HPの境内図マップはこちら

 

12月の庭園の紅葉の写真はこちら。
これも一般の方が写らないように撮影しています。

画像だけではなく動画もチェック!
YouTubeに常寂光寺の動画があったので
そちらも載せておきますね↓↓

紅葉の見どころとしては
本堂の裏になる池の散紅葉がキレイでした。

その先にある多宝塔の周辺も
紅葉に囲まれていましたね。

あと展望台から見る京都の景色
塵劫記の石碑とかも歴史を感じましよ。
(↑これは紅葉と関係ないですが…)

 

滞在時間はゆっくり見て回っても20分。
先ほどの写真の門をくぐってからだと
多くても30分も見積もれば十分です。

混雑が少ないのでスムーズに歩けますし
待ち時間などは考えなずに済みましたよ。

 

(注) 階段が多いのがネック

実際に行ってみてわかったのですが
唯一のデメリットは階段が多いこと

特に足が不自由な方は
同行者がいないと大変だと思います。

境内でも要所要所で階段がありましたし
トイレも1か所しか見つけられなかったので
バリアフリーが完備されてるわけではありませんでした

 

秋の常寂光寺はライトアップもある!ただ見るためには条件が…

 

紅葉を夜に見たい方のために
常寂光寺では夜間も特別拝観できるようになっています。

ただこの場合は“そうだ京都に行こうエクスプレスカード”
↑この会員限定のイベントとしてです

 

時間帯は18時から19時30分まで。
入場料は大人500円となります。

ライトアップも見たい所ですが
そのためだけに会員になるのも面倒だし
これはハードルが高かったので断念しました。

 

あとで詳しくお話ししますが
常寂光寺周辺にライトアップをしてる
紅葉スポットがあるので、そちらがオススメです。

スポンサーリンク

常寂光寺へのアクセスを確認!人力車やレンタサイクルも候補になる!

 

混雑はまだマシな常寂光寺ですが
少しザンネンなのがお寺がある場所、
駅やバス停から遠いところにあります。

『最寄り駅から徒歩3分♪』
…なんてことはなく、けっこう歩きました(笑)
常寂光寺の周辺の地図とアクセス方法は以下の通りです↓↓

▼常寂光寺の基本情報とアクセス▼

住所:〒616-8397 京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

開門時間(通常拝観):9時~17時

拝観料:大人(中学生以上)500円、小学生200円

電車:阪急嵐山駅から徒歩25分、JR嵯峨嵐山から徒歩20分

バス:JR京都駅から市バスで約45分 バス停”嵯峨小学校前”から徒歩15分
(駅やバス停からかかる時間はGoogleマップで計測しています)

車:専用の駐車場なし

 

このように見てみると駅やバスから
お寺まで歩く距離があるのがわかります。

タクシーもたまに通ってましたが
林や渡月橋周辺は人も多いのでトロトロ。

もちろん歩ける距離なのは確かですし
足腰が丈夫なら徒歩で問題ないでしょう。

 

歩くのが嫌な場合は
人力車”えびす屋”で嵐山を回るコースもありますし

あなた自身で自由に見て回りたいなら
レンタサイクルで自転車を借りることも可能です。

ただ人力車は少し値段がかかるし
自転車は混雑でスイスイ走れるわけじゃないので
完璧な解決方法ではありません。

 

常寂光寺近くで食事したいなら”おぐら茶屋”!他のお店なら嵐山駅付近がオススメ!

お腹が減ってランチを取りたいときは
どこで食べるかを先に決めておいた方が無難です。

先ほども言った通り徒歩で結構歩くので
「やっぱりさっきのお店で…」
という融通がききにくいので注意

 

常寂光寺の近くなら
“おぐら茶屋”というお店があります。

参考⇒”おぐら茶屋”の食べログはコチラ

お茶を飲み、わらび餅を食べて
休憩する人が多いようです。

 

もしがっつり食べたかったら
京福の嵐山駅周辺の方が
いろいろジャンルのお店があります。

食べログで評判が良いお店だと
嵯峨とうふ稲本店とか有名ですよね。

参考⇒嵯峨とうふ稲本店の食べログはコチラ

 

和食や和菓子のお店が多いですが
それでも駅周辺の方がいろんなお店があります。
カフェならタリーズとかもありますしね。

なので駅やバス停についたら
先に食べておいて常寂光寺へ行くのがベストかなと。
(お土産も帰りに駅チカで買った方がいいですね)

 

常寂光寺だけ見るのは損!他にも紅葉を楽しめる寺院がたくさん♪

実際に行ってわかったこと

  • 常寂光寺は他の紅葉スポットと比べて空いてる
  • 徒歩が嫌なら人力車や自転車も検討する
  • ご飯は嵐山駅周辺の方がお店を選べる
  • お土産は渡月橋周辺のお店で買う

 

常寂光寺は京都の定番紅葉スポットより
スムーズに歩いて紅葉を楽しむことができました。

 

あとは常寂光寺から徒歩圏内で
他の寺院の紅葉も見ることができるのもメリット。

常寂光寺自体に拝観時間をとられることもないし
別の紅葉スポットも同時に回ってみましょう↓↓

次の紅葉⇒天龍寺の紅葉はコチラ(作成中)
次の紅葉⇒祇王寺はさらに人混みが少ない!紅葉情報はコチラ
まとめ記事⇒京都の紅葉TOP10!定番から穴場まで名所を紹介!

 

嵐山も紅葉が楽しめますし
バスで河原町まで行けば清水寺など
定番のスポットにもすぐ行けます。

昼に常寂光寺にいって
夜は別のお寺でライトアップを楽しむと効率的ですね。

一年に一度しか味わえない京都の秋を堪能しましょう(^^)

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました

あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ